カテゴリー
運営委員会

nano committee

happy new year

カテゴリー
運営委員会

20200701 Steering committee

日時:2020年07月01日 10:30-

出席者:(敬称略)西、臼杵、加納、中嶋、重野、田代(記)
議題:   東京は昨日の発症者が55名と50名を超え、本当に大丈夫かなと思います。6月24日、昨日、昨年の12月に発注した、修理品を銀座まで(2月に出来上がっていたのですが取りにいけず。)取りに行きました。車で銀座三越に行ったのですが、道はそれほど混ではいませんでした。三越内も入場は多くなく、入り口で検温、アルコール消毒、売り場は殆ど客はいない状態でした。銀座4丁目の交差点は流石に結構な人の流れでした。 

さて、今度のzoom会議ですが、

1、理事会懇親会を7/17に設定していましたが、法人会員が出席できず、延期としました。(何時するか未定です。)

2、第70回TPE技術研究会7/17に設定していましたが、法人会員が出席できず、延期としました。

3、第18回マイクロ・ナノ加工研究会7/27に設定しています。法人会員の出席はどうでしょうか?

4、この後9月からは公開講演会や交流会等大型のイベントが続きますが企画を含めてどうするか?

5、講演会の開き方や懇親会はどうするか?

6、既にいただいている会費、来年度の会費についての考え方

1ー6についてご意見ください。 勿論皆様の質問等は自由です。 事前にご意見や質問等がある場合はメールを送ってください。
伊藤1日、Zoom会議は欠席になります。よろしくお願い致します。mnmの開催には、法人に確認をしております。講演者の東洋アルミさんは欠席ですが、新メンバーに技術紹介と、AIST加納様は参加でき、技術講演と見学をアレンジいただいております。法人参加を確認し、その後判断致します。


西メール拝見しています。今日も東京の感染者数は、58名、昨日は60名と嫌な感じです。下手をすると第2波の始まりかも知れません。7月1日のZOOM会議でいろいろなご意見を皆さんで検討したいと思います。関連情報ですが、当方、7月8日に日本免震構造協会(JSSI)から免震ゴムの「普及賞」を明治記念館で受賞することになっていましたが、感染予防のためにWEB参加になってしまいました。一方、高齢者免許更新をせねばならないのですが、その前に「認知機能検査」を受験せねばなりません。今は、警視庁が一括して予約を電話で受け付けているのですが、中々繋がらず、7日間に電話を20回かけやっと6月9日に予約が取れました。それでも直近で7月22日だそうです。試験場は八王子市なのでこれは出かけねばなりません。後は、ゴム技術フォーラムの運営委員会が7月15日に開催予定ですが、どうするかは7月6日までに決めねばなりません。

毎日東京の感染者数をメモして様子を見ています。それにしてもアメリカの惨状は油断するとこうなると言う見本で恐ろしいです。感染者250万人、死亡者12.5万人で死亡率5%です。1日で4万人も感染者が増えると手の打ちようが無い感じです。全世界で1000万人、死亡者50万人と言うと、100年前のスペイン風邪に近ず来つつあるようです。但し、スペイン風邪の死亡率は、1.6%位で新型コロナの方がずっと悪質です。


今後の講演会について

1、公開講演会や各研究会を会場受講とライブ配信の両方をできるように検討する。

2、今後の見通しが立たないことより、zeem seminarの準備をする事が提言された。正会員、法人会員zeem又は他のskype等の可能性を確認する。(会員へ質問メール)ーー田代

3、講演会を実施するとした場合の具体的方法(手順)を提言する。(ご意見をください。)会場受講とライブ配信についてーーー対講師にーーー対会場にーーー対聴衆にーーー懇親会はどうする。

4、なるべく早く、7月2週頃に再度、zoom meetingを実施し、具体的計画を決める。適当にまとめました。強調すべきご意見あれば、加えてください。

カテゴリー
運営委員会

20200804 Steering committee

Steering committee

nano運営委員会議事録(8/4)
出席者;西,臼杵,重野,中島,田代
議題;ナノ協会今後のイベントどうするか
ご質問の昨日の運営委員会では、今後の研究会は、オンライン開催で進める、で確定でしょうか。?
(加納さんにいただいた質問が趣旨があっていますので添付しました。)
そこまでは決めていませんが、当面、10月11月までの会合はオンラインで進めましょう。と言う所です。

1、TPE技術研究会の今後のイベント
通常のものは進める。
TPE技術研究会公開公演は11月にオンラインで進めることになりました。
2、公開講演会10月20日
でプランを練る。8月20日の会告間に合わせる。
3、Nanoウェビナー
9月度は9月23日臼杵さん
このnano webinarの件ですが、重野さんから今後続けるのか?  と質問があったのですが、
私の提案した際に申した様に取り敢えず、nano webinarの形で進めましょう。 何もしないでいると
存在意義が疑われるかもしれないのでと申し上げました。

カテゴリー
運営委員会

20200512 Steering committee

日時:2020年5月12日12:30ー13:00

場所:zoom会議

出席者:西、臼杵、加納、伊藤、中嶋、重野、田代(敬称略)

議題1、コロナウイルスの今後の見通し、6月までは無理。

2、今後の活動をどうするか?6月29日の第18回MNMは7月27日延期。7月17日の第70回TPEは会議室確保した。毎月運営委員会を予定する。

3、ZOOM等のweb seminarの可能性?zoomを使って議論したら如何でしょうか?出来なくは無いが、結構ハードル高そう。4、その他会員の更新について正会員が10名ほど未更新法人会員はほぼ更新済
時間も短く個々の意見は収録していません。加えるべき点があれば、加えてください。

カテゴリー
ナノ構造ポリマー研究会 運営委員会

20200312 Steering committee

日時:2020年3月12日 10:30~場所:mailを使ったteleworkで実施

出席者:(以下敬称略)西、臼杵、加納、伊藤、中嶋、重野、田代(文責)

議題:1、状況確認2020年3月12日の第18回マイクロ・ナノ加工研究会を6月29日へ延期

2020年3月13日の第69回TPE技術研究会を5月25日へ延期2020年3月13日の運営委員会はtelework形式で実施。

2020年4月03日の理事会はtelework形式で実施、

懇親会は5月25日へ延期。

2020年5月12日の総会と講演会は理事会で討議決定する。

非常事態宣言が出た場合は別に対応する。

2、議題2ー1、

2020年事業報告書の理事会へ提案。(3月末までに準備)   2019年度決算予算(未入手) 

2019年度事業報告計画 、役員及び会員 、

2020年度事業計画 (以上は確認済み)

2ー2、役員の業務変更 

a、ナノ構造ポリマー研究会は加納リーダーの元、2理事+α で企画(場所、日時)、講師、会告作成、    

講演会、懇親会実施、資料入手等を以下の体制で行う。

(会場『千代田プラットフォーム』は重野へ依頼)    懇親会

上は原則(2理事+α )で企画。基本は内規による。

尚、MNM,TPEは従来のマニュアルで実施する。

b、西、重野   

交流会 臼杵、久保山   12月  加納、佐藤     

5月  田代、田島    SPE nano  伊藤、栗原    mnm  中嶋、竹之内   TPE

c、重野は会計担当と会員担当を重任していたが、会計担当と協会管理業務の担当をお願いする。 会員担当は田代が担当する。 別途、会員担当業務は内規で確認する。 supporterのmailing listを作成のため、理事、会員へ5名以上のメルアドを要請する。 d、今後理事の人数を増員する。2ー3、理事会及び総会の予定 a、理事会は4月3日にteleworkingで実施。尚懇親会はできれば5月25日にkkrホテル東京(昼食)で実施したい。 b、総会は4月3日に理事会で討議決定する。

カテゴリー
運営委員会

20200313 次年度行事委員会

前略、下記要領にて次年度行事委員会を開催しますので出欠をお知らせください。
日時:2020年3月13日(金)10:30-12:30場所:ちよだプラットホーム  ミーティングルームR003
議題: 1、理事交代、新理事 久保山 敬一  東京工業大学
竹之内     BS  (詳細不明)八子さんの更新
2、ご確認願いたい事項
2ー1、就任報告書、内規、定款更新なし。事業報告書準備、体勢別表見直し、
3、提案事項(担当業務の変更)
3ー1、重野さんへお願いしている会計委員と会員委員を分離し、重野さんは会計委員のみとする。
3ー2、***さんへ会員委員をお願いする。
3ー3、会員委員の実施事項
3ー3ー1、会員委員は正会員、法人会員の名簿管理
3ー3ー2、6回の公開講演会への一般参加者を募るための会告をメールするmailinglistの作成、約500名程度      但し、会員委員が名簿を管理しない。(serverでのみ管理)
3ー3ー2ー1、講師や一般参加者にmailinglistへの加入(無料)をお願いする。
3ー3ー2ー2、理事や正会員に過去の講演会関係者のメールを提出いただく。(但し、メルアドのみ)
3ー3ー2ー3、http://spejapan.org/xmailinglist/opsjml/  で加入、退出ができる。
3ー3ー3、作成済みの会員(正、法人)mailinglist、3ー3ー2のmailinglistからイベント(会告)メールを発信する。
3ー3、については当日詳細を説明する。
4、イベントのための参加者リストは以下の方々が作成責任を負う。さらに、懇親会についても同様とする。
5月    NANO
9月    MNM                  伊藤
9月    交流会
11月    TPE          中嶋
12月    NANO
2月   NANO/SPE        
5、その他、現状の問題点を提案ください。
5ー1、イベント発信者のメールアドレスは従来の個人メルアドではなく、****@ransp.orgを使えるようにする。