カテゴリー
ナノ構造ポリマー研究会

20200512 本講演会は延期になりました。第55回ナノ構造ポリマー研究会

Pocket

第55回ナノ構造ポリマー研究会

今回は、将来ビジョンのキーワードであるSDGsをキーワードに、サステナブル・環境に配慮した社会実現に貢献するポリマー材料技術に着目し、最近の研究開発動向のトピックスを企画しました。

静岡大学の青木氏より、自動車の軽量化など様々な分野で注目されているセルロースナノファイバの複合材料に関する研究をご紹介いただきます。また、ITIコンサルタント事務所の猪股氏より、「海洋プラスチック廃棄物対策の現状と今後の展望」と題し、ご説明いただきます。多数の方にご参加頂きますよう、宜しくお願い致します。

【日時】2020年5月12日(火)13:00-19:00

【場所】味覚糖UHA館 TKPカンファレンスセンター 4B Tel:03-5408-7797 

        http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-uha-hamamatsucho/access/

〒105-0013  東京都港区浜松町1丁目26-1

【内容】

13:00-14:00  総会(ナノ構造ポリマー研究協会)

14:05-14:10 挨拶:古河電工(株) 加納 義久氏(ナノ構造ポリマー研究協会副代表理事)

14:10-15:20 演題:CNF/PP複合材料開発における無水マレイン酸変性ポリプロピレン(MAPP)の役割

講師:静岡大学 青木 憲治氏

要旨: 近年、セルロースナノファイバー(CNF)をフィラーとしたポリプロピレン(PP)との複合化に関する研究が積極的に行われている。しかし、CNFとPPは、言わば「水と油」の関係である。そのため、相溶化剤として無水マレイン酸変性PP(MAPP)が使用されている。本講演では、PP系複合材料の設計、製造に欠かすことのできない必須添加剤であるMAPPを取り上げ、MAPPのグラフト量、分子量が複合材料の機械的物性およびフィラーの分散性に与える影響について述べる。

15:20-15:30 休憩

15:30-16:40 演題:海洋プラスチック廃棄物対策の現状と今後の展望

講師:ITIコンサルタント事務所 猪股 勲氏

要旨: 昨年6月の大阪G20での「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」に見られるように、近年、海洋域でのプラスチック廃棄物の蓄積や・マイクロプラスチックの懸念が注目され、プラスチック廃棄物の自然環境への飛散防止の取り組みが、世界で加速している。海洋プラスチック廃棄物の主要発生地域であるアジアで、廃棄物対策の先進国でもある日本の今後の対応も、注目されている。この一連の動向の現在までの推移と今後の動きにつき概説する。

17:00-19:00 懇親会

参加要領

講習会費:ナノ構造ポリマー研究協会会員 無料、非会員 10000円

懇親会費:5000円、(個人会員の代理出席は認められません)

申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、

請求書が必要な場合はその旨を下記 宛へメールでご連絡下さい。

【ナノ構造ポリマー研究協会企画委員】

加納義久

Mail:yoshihisa.kano@furukawaelectric.com

WEB申し込み

URL:http://ransp.org/index.html

より、開催行事に進み、参加連絡に記入して、送信してください。