2019/11/27 第67回TPE技術研究会

| コメント(0) | トラックバック(0)

67TPE技術研究会 会告

67TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして20191113日(水)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。

1.日時 20191127日(水)14:00 - 19:00

2.場所 JSR六本木倶楽部

    (〒106-0032 東京都港区六本木7-11-7)

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「放射光X線を用いたシリカ充填系ゴム材料の解析」

   「Analysis of Silica Filled Rubbers Using Synchrotron X-ray Radiation」

要旨:末端に官能基を導入した変性SBRは、ゴム加硫物中のシリカ等の充てん剤の分散性が改良され、ヒステリシスロスを低減する。加硫物中のシリカ凝集体の分散状態を放射光X線を用いて解析した結果、SBR末端に導入した官能基の種類や構造で加硫物中のシリカ分散性が大きく変わることを明らかにした。

Some chain-end modified styrene butadiene rubbers (SBRs) with functional groups at polymer chain ends show significant reduction in the hysteresis loss of silica filled rubber compounds.  In order to investigate hierarchical structure of silica filler in rubber compounds with modified SBR, the measurements of small angle X-ray scattering (SAXS) were carried out.  The distribution of particle size of silica aggregates can be obtained by the analysis of scattering profile, and it is shown that radius of silica aggregate is smaller and distribution of particle size is narrower in modified SBR than in non-modified SBR.

講師:曽根 卓男様 (JSR株式会社 高分子材料開発室 主任研究員)

     Takuo Sone (Polymer Materials Laboratory,  JSR Corporation)

ご略歴:

1995年3月 東京農工大学工学研究科博士後期課程修了                        

   同年4月 日本合成ゴム(現JSR)株式会社に入社                             

         合成ゴム開発室(現 高分子材料開発室)に配属

1995. 3  Doctor of Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology,    

1995. 4  Polymer Materials Laboratory,  JSR Corporation

ご専門分野

有機金属化学、高分子合成

Organometallic Chemistry,  Polymer Synthesis

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ransp.org/mtos/mt-tb.cgi/163

コメントする

このブログ記事について

このページは、nkjが2019年10月28日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2019/7/18 第66回TPE技術研究会」です。

次のブログ記事は「2020/1/14 第68回TPE技術研究会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。