2017/5/12 第55回TPE技術研究会

| コメント(0) | トラックバック(0)

55TPE技術研究会 会告

55TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして2017424日(月)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。

1.日時 2017512日(金)14:00 - 19:00

2.場所 ちよだプラットフォームスクウェア 会議室504

 (アクセスURL http://yamori.jp/access/

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「タイヤ材料開発における時空間階層構造の研究」

   「Study of temporal-spatial hierarchical structure in tire rubber

要旨:近年、安全性と地球環境への配慮からタイヤに求められる性能は多様化している。ゴム材料は、ナノメートルからマイクロメートルにわたる時空間階層構造を形成し、それらが複雑に関与し性能を生み出している。我々は、低燃費性能、ウェットグリップ性能および省資源のすべてを向上させたタイヤゴムを開発するために、放射光および中性子技術を用いてゴム中における時空間階層構造の研究を行った内容について報告する。 

The performance traits sought in tires are becoming increasingly diversified in keeping with recently heightened awareness of safety and environmental friendliness. Rubber material is composed of temporal-spatial hierarchical structures with hundreds of layers across the nanometer through micron scale, and the interactions between the structures of these various layers are extremely complex. In order to develop tire rubber that achieves improvements in terms of fuel-efficiency, wet grip performance and resource savings, we studied the temporal-spatial hierarchical structures in tire rubber using synchrotron radiation and neutron technics.

講師:岸本 浩通様 (住友ゴム工業株式会社 研究開発本部 分析センター 課長)

     Hiroyuki Kishimoto (Sumitomo Rubber Industries, Ltd.)

ご略歴:

最終学歴:東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士後期課程 修了 博士(科学)     

1998年 住友ゴム工業株式会社入社

同年   研究開発本部

2010年  材料開発本部

2016年  研究開発本部 分析センター 

<Work experience>                                                                               

Ph. D from the University of Tokyo

1998- Sumitomo Rubber Industries, Ltd.

ご専門分野

放射光・中性子を用いたゴムの構造研究

Structural study of rubber material using synchrotron radiation and neutron

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ransp.org/mtos/mt-tb.cgi/131

コメントする

このブログ記事について

このページは、nkjが2017年3月22日 17:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2017/3/6 第54回TPE技術研究会」です。

次のブログ記事は「2017/7/26 第56回TPE技術研究会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。