2016/6/1 第50回TPE技術研究会

| コメント(0) | トラックバック(0)

第50回TPE技術研究会 会告

第50回TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいます様御願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして2016年5月16日(月)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。なお従来とは開始時間・終了時間が異なりますのでご注意下さい。

1.日時 2016年6月1日(水)13:30 - 19:15

2.場所 東京工業大学 大岡山キャンパス 南1号館521会議室
 (〒152-8552 東京都目黒区大岡山2-12-1)
 (アクセスURL http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/ookayama.html)

3.内容 

13:30 - 14:40 幹事会 後10分休憩

14:50 - 16:30 講演会

<50回記念特別企画> 14:50 - 15:30
ショート講演(各20分)
西 敏夫先生「TPE技術研究会誕生の思い出とこれから」

田代昌秀様 「10年目を迎えて

<招待講演> 15:30 - 16:30
演題:「進化する誘電エラストマ人工筋肉「省エネルギーアクチュエータと高効率発電素子の可能性」」
   「Evolving Dielectric Elastomer Artificial Muscles」

要旨:千葉等が開発した人工筋肉は、マイクロ・ナノデバイスからロボット・具足用のソフトアクチュエータ/センサー、リハビリを含めた各種医療用デバイス、モーションフィードバックデバイス等として幅広い分野で活躍が期待されている。また波、風、気体・液体等の流れ、太陽熱・廃熱を含む各種熱源、人・動物の動き、機械振動等から効率良く電気エネルギーが得られる発電素子としても使用可能なため、各分野において応用研究・開発が急速に進められている。

Electroactive polymers (EAPs) are an emerging class of transducers with properties not found in exiting actuators, generators, or sensors. A particularly promising class of EAPs is dielectric elastomers (DEs). DEs are based on the electrochemical response of a rubbery material located between compliant electrodes. Specific examples of DE devices under development include artificial muscles for robots prosthetic limbs, haptic stimulation & sensing, microfulidic devices, portable DE generators/ wearable generators powered by human motion, ocean wave power harvesters mounted on buoys, solar heat generator, water turbines, etc.

講師:千葉 正毅様 (千葉科学研究所 代表)
Seiki Chiba (CEO, Chiba Science Institute)

ご略歴:
最終学歴:
1979年 英国ウエールズ大学 応用材料学部(カーディフカレッジ)修士課程をジャンプして博士課程修了
1980年 Ph.D 授与(理学博士)
職歴:
1987-1990 Massachusetts Institute Technology (MIT), Media Laboratory, Visiting Scientist
1990  米国スタンフォード研究所(SRI:Stanford Research Institute)に入社。
2000-  先端研究開発プロジェクト担当 本部長(Executive Director)
2011 1月末 SRI退社
2011 2月  千葉科学研究所 代表 

Dr. Seiki Chiba was Executive Director for Advanced R&D Project Development, SRI International till January 2011. He was supervising and researching advanced R&D programs including Japanese Government projects for the past 20 years at SRI. Before joining SRI, he worked at Media Laboratory, Massachusetts Institute Technology, as visiting scientist for three years. Now, he is the CEO of Chiba Science Institute. He is the author or coauthor of more than 200 papers published on the various areas. He also wrote 23 books, as the author or coauthor, for computer simulation, micro machine, catalysis, fuel cells, conductive materials, R&D Management, artificial muscle actuators, high temperature membranes for hydrogen production, renewable energy, wave power generation, etc. He received his Ph.D. in Metallurgy & Material Science from the University of Wales (Britain). He jumped to the Ph.D. course without doing M.S.

ご専門分野
マイクロ・ナノマシン技術、フラーレン/CNT、シミュレーション技術、触媒技術、英字認識技術、水素安全・水素製造用及び燃料電池用膜合成技術、人工筋肉創製技術、R&Dマネジメント等
Artificial muscle actuators & generators, hydrogen safety, fullerene/CNT, high temperature membranes for hydrogen production & fuel cells, graphics recognition, computer simulation, micro/nano machine, catalysis, R&D management., etc

16:40 - 17:00 中嶋研究室見学(本館273室)
17:15 - 19:15 懇親会(会場未定、会費5,000円)


連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(knakaji@polymer.titech.ac.jp)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ransp.org/mtos/mt-tb.cgi/112

コメントする

このブログ記事について

このページは、nkjが2016年4月28日 11:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016/3/30 第49回TPE技術研究会」です。

次のブログ記事は「2016/8/5 第51回TPE技術研究会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。