2015年4月アーカイブ

第45回TPE技術研究会 会告

第45回TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいます様御願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして2015年5月20日(水)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。

1.日時 2015年6月3日(水)14:00 - 19:00

2.場所 ちよだプラットフォームスクウェア ミーティングルーム001(地下1階)
 (アクセスURL http://yamori.jp/access/)

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「粒子共存制御ラジカル重合法による機能化シリカナノフィラー」
   「Surface-functionalized silica nanofiller prepared by controlled radical polymerization with particles」

要旨:フィラー表面の状態と分散性はゴムの補強において大変重要な設計要項である。筆者は表面を高分子で機能化した変性シリカをゴムの補強に用いると、現在のシリカ補強ゴムよりも強靭で、かつタイヤとしての低転がり抵抗性とウェットグリップ性能を高度に両立できるゴムを作製できることを見出した。発表では、その表面機能化シリカナノフィラーの効率的作製に不可欠な、粒子共存制御重合法を主に紹介差し上げる。

Both surface design and dispersibility of fillers in rubber matrix are inevitable terms for reinforcement of rubbers. The author has recently found that block copolymer surface functionalized silica nanofiller can improve many of physical properties of rubbers. Toughness of rubber, in addition, trade-off functionalities between less rolling resistant and large wet-grip as tread rubber of tire has been improved drastically. Controlled radical polymerization with particles which is necessary for efficient production of the block copolymer surface functionalized silica nanofiller, this bland new technique has been started in Japan, will be comprehensively introduced in the presentation.

講師:有田 稔彦様 (東北大学 多元物質科学研究所 助教)


ご略歴:
1997.3 九州大学 理学部化学科 卒業
2003.3 京都大学大学院 理学研究科化学専攻 博士課程修了
物理化学:流体中における化学反応に対する溶媒効果の研究。
2003.6 博士研究員 ドイツ ゲッティンゲン大学 物理化学研究所
高分子化学、物理化学:高分子の連鎖重合の反応機構の速度論的解析および、高圧リビングラジカル重合法の開発。
2005.11 博士研究員  京都大学 化学研究所
高分子化学、表面化学:コンビナトリアル的表面開始重合、高圧リビングラジカル重合による(濃厚)ポリマーブラシの物性解析。
2007.6 博士研究員 東北大学 多元物質科学研究所
2007.8 助教    東北大学 多元物質科学研究所
ナノテクノロジー、コロイド科学、高分子化学:(ナノ)微粒子の表面機能化(界面活性剤や高分子グラフト等)による分散・凝集の化学と物理に関する研究。

Mar. 1997 B.Sci, Department of Chemistry, Faculty of Science, Kyushu University
Mar. 1999 M.Sci, Department of Chemistry, Graduate School of Science, Kyoto University
Mar. 2003 D.Sci, Department of Chemistry, Graduate School of Science, Kyoto University
June 2003 Postdoc. Institute fuer Physicaliche Chemie, Universitaet Goettingen
Nov. 2005 Postdoc. Institute for Chemical Research, Kyoto University
June 2007 Postdoc. Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University
Aug. 2007 Assistant Professor, Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University ご専門分野

高分子化学、物理化学、コロイド科学、表面化学
Polymer Chemistry, Physical Chemistry, Colloids, Surface Chemistry           
17:00 - 19:00 懇親会(赤坂飯店 パレスサイドビル


連絡先:

東北大学 中嶋 健(knakaji@wpi-aimr.tohoku.ac.jp)

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。