2013年7月アーカイブ

第8回TPE技術研究会公開講演会

今回の公開講演会ではポリウレタン研究の第一人者でいらっしゃる古川睦久先生始め、最新のTPE技術関連の話題を取り上げました。奮ってご参加頂けますようお願い申し上げます。

日時:2013年10月2日(水) 13:00-19:00
場所:東北大学東京分室会議室A及びB (東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー内)
12:30-     受付開始
13:10-14:10  「バイオマス由来原料のポリウレタンの開発動向」 
                          長崎大学  古川睦久名誉教授
14:10-15:10  「オレフィン系軟質材料の開発状況」 三井化学   山口昌賢様
15:10-15:40  休憩
15:40-16:40  「3Dプリンター技術と今後の応用」  ディーメック 水野善久様
17:10-19:10  懇親会(会場周辺、5,000円/人)

参加要領
定員:申込締切9月27日(金)
一般の方々 10,000円
ナノ構造ポリマー研究協会 会員 TPE技術研究会法人会員(3名まで) 無料 
参加ご希望の方は下記に名前、会社名、部署、等をメールにてお申し込み下さい。
ナノ構造ポリマー研究協会会員
   村山 健一  リンテック株式会社 研究企画部
   メール:k-murayama@post.lintec.co.jp  TEL:048-430-1717 
振込先:指定郵便局口座:00160-5-122437 口座名義:NPOナノ構造ポリマー研究協会
叉は
    りそな銀行 柏支店 普通口座 1108685 口座名義:特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会

<<講師紹介>>
<古川睦久名誉教授>
1. 演題
バイオマス由来原料のポリウレタンの開発動向
Development of Biomass-based Polyurethanes
2. 要旨
エネルギー問題及び環境問題に呼応したバイオマス由来で生分解性材料が注目されている。本講座ではバイオマス由来原料とそれを基材とするポリウレタンの開発の動向を紹介する。
The use of bio-based and biodegradable materials is increasing rapidly, in response to consumer's desire for products that have a "Low Carbon" footprint and are safer for the environment. This lecture is focused to the development of raw materials as a biomass derivation and polyurethane using it.
3. 自己紹介
古川睦久
長崎大学名誉教授(2009.4) 工学博士(九州大学,1987):
ながさきポリウレタン技術研究所(2009.4-);
ポリウレタン研究会代表(1996-)
研究テーマ:ポリウレタンの合成・構造・物性に関する研究
研究歴:九州大学大学院工学研究科修士課程(1968-1970)
長崎大学(工学部及び大学院生産科学研究科)(1972-2009)
ながさきポリウレタン技術研究所(2009-)
学会活動:日本化学会(1964-), 高分子学会(1970-), 日本ゴム協会(1972-)
アメリカ化学会(1995-),マテリアルライフ学会(1998-)など
高分子学会理事九州支部長(2006.4-2008.3)
日本ゴム協会会長(2007.4~2009.3)
マテリアルライフ学会支部長(2008.4-)
日本ゴム協会第23 回オーエンスレーガー賞(2002.5)
日本ゴム協会優秀論文賞受賞(1993, 2002, 2007) など
マテリアルライフ学会優秀論文賞(2006)
Mutsuhisa FURUKAWA
The Professor Emeritus of Nagasaki University, Dr. Eng., (Kyusyu University, 1987))
Nagasaki Institute of Polyurethane Science (2009.4-),
Director of the Workshop of Polyurethanes (1996- )
Research duration.
Kyusyu University, Graduate School of Engineering, Degree of Master, (1968-1970);
Nagasaki University (Department of Engineering / Graduate School of Science and Technology)
(1972.1-2009.3)
Nagasaki Institute of Polyurethane Science (2009.4-),
Activity of Academic Society:
The Chemical Society of Japan(1964-), The Society of Polymer Science, Japan (1970-),
The Society of Rubber and Industry, Japan (1972- ), The American Chemical Society (1995- ),
The Material Life Society, Japan (1998- ), etc.
The Director, the chief of branch, of The Society of Polymer Science, Japan (2006.4-2008.3)
The President of the Society of Rubber Science and Technology, Japan ((2007.4-2009.3)
The director, the chief of branch, of The Material Life Society, Japan (2008.4-)
Scientific Awards
The 23rd Oenslagar Award of Society of Rubber Science and Technology, Japan (2002.5)
The Best Paper Award of Society of Rubber Science and Technology, Japan (1993, 2002,
2007)
The Best Paper Award of Material Life Society, Japan (2006)


<山口昌賢様>
1. 演題
オレフィン系軟質材料の開発状況    
Current Topics of Development of Soft Olefinic copolymers
2. 要旨
三井化学(株)のオレフィン系エラストマー:「タフマー」、「ノティオSN」などの材料特性・代表的用途並びに現在の開発材料を紹介する。
Basic Properties and typical applications of Olefinic Elastomers; "TAFMER", "NOTIO" etc. and current development polymers are introduced.
3. 自己紹介
山口昌賢
三井化学株式会社 
高分子材料研究所 材料開発4グループ
グループリーダー
Masayoshi YAMAGUCHI
Director
Material Development Group 4
Polymeric Materials Laboratory
MITSUI CHEMICALS, INC.


<水野善久様>
1. 演題
3Dプリンター技術と今後の応用
Technic of 3D Printing and its Application
2. 要旨
現在応用されている、3Dプリンター技術を分類し、その特徴についての解説をおこなうとともに、現在ディーメックで開発している実際の熱可塑性材料を使用した試作/少量量産技術に関する紹介を行う。
Classification of the technics of 3D Printing and its performances are explained. New technics for prototyping and small quantity production with actual thermoplastic polymer is also explained.
3. 自己紹介
水野善久
所属:株式会社ディーメック モデリングセンター技術開発グループリーダー
1993年JSR株式会社入社。TPEコンパウンド、高耐熱透明材料のARTONの成形加工開発に携わり、2012年10月より現職。工学博士(化学工学)
Yoshihisa MIZUNO
D-MEC Ltd Modeling center, Technical Development Manager
At 1993, enter JSR Corporation. Experienced development of TPE compounding, molding of ARTON resin(Heat resistance Transparent Plymer). At October of 2012, present Post. Ph.,D(Chemical Engineer)

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。