2013年3月アーカイブ

第35回TPE技術研究会 会告



前略、第35回TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので奮ってご参加下さいます様お願い致します。つきましては、参加の可否についてmailで弊方宛て連絡頂きたくお願い致します。詳細につきましては下記のURLを参照下さい。


1.日時 2013年5月14日(火)14:00~19:00
2.場所 ちよだプラットフォームスクウェア 会議室504
     (アクセスのURL  http://yamori.jp/access/ )
3.内容 

14:00~15:20 幹事会 後10分休憩
15:30~17:00 講演会
演題 :「自動車におけるTPEの特徴を活かした使い方」
                    Taking full advantage of TPE's feature for automotive applications
要旨 : TPEは自動車に使われてから随分時間が経過した。最近は使われる部品、分野もある程度固定化されてきたように思われる。ここではゴム代替というよりは柔らかさを活かした内装材への適用やその他のプラスチックと組み合わせて特徴を出している使い方を中心に紹介する。
Considerable time has passed since TPE was used for automobiles. Components and fields of application seem to be fixed to some extent recently. In this paper, I will introduce mainly applications to interior components utilizing TPE softness and applications utilizing TPE feature by combining with other plastics rather than mere rubber substitution.
講師 : 大庭敏之様
ご略歴: 1969年 東北大学工学部応用化学科卒業、日本合成ゴム(現JSR)入社
     1976年 日産自動車入社
          自動車要高分子材料(ゴム、プラスチック材料)の開発担当
         (特にバンパー材料、外板材料、タンク材料など開発)
          その後、環境問題や材料信頼性技術を担当
     2012年 日産自動車を退職
          最近は若い人たちにこれまでの経験を伝えるための大庭塾を開いている
I graduated from Department of Applied chemistry Tohoku University in 1969, joined JSR Co.,Ltd. Then I joined Nissan Motor Co., Ltd. in 1976. I was responsible for the development of automotive rubber material, plastic material in the Nissan. Especially, for bumper, outer panel, and fuel tank.After that, I was responsible for environmental issues, the technology reliability of the material. I retired from Nissan Motor Co., Ltd. in 2012. Recently, I have open seminars in various companies to teach young people my experience.

17:00~19:00 (場所は未定なるも会場近く)                   草々


このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。