65TPE技術研究会 会告

65TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして2019424日(水)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。

1.日時 201958日(水))14:00 - 19:00

2.場所 ちよだプラットフォームスクウェア会議室504

 (アクセスURL http://yamori.jp/access/)

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「TPEの多様な変形様式下における変形挙動」

   「Deformation Behavior of TPE under Various Deformation Modes」

要旨:Poly(styrene-b-ethylene-butylene-b-styrene) films (SEBS)フィルムを用いて、一軸伸長、二軸伸長、バルジ変形過程において、内部で形成されているミクロ相分離構造変化を放射光X線小角散乱/広角回折測定を用いて評価することで解明した。特に、SEBS内のドメイン間隔、ソフトセグメント鎖の配向状態に着目して評価した。

In order to obtain elastomers with the high tensile strength, the change of microdomain structure during deformation process should be clarified.  In this study, the microphase-separated structure change of poly(styrene-b-ethylene-butylene-b-styrene) films was investigated during uniaxial, biaxial, and bulge deformation processes using in-situ small-angle X-ray scattering (SAXS) measurement.

講師:小椎尾 謙先生 (九州大学 先導物質化学研究所 准教授)

     Ken Kojio (Assoc. Prof., Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University)

ご略歴:

1999 九州大学大学院工学研究科 博士取得

2000 イリノイ大学アーバナシャンペーン校 博士研究員                                            

2001 マサチューセッツ大学アムハースト校 博士研究員

2002 長崎大学工学部材料工学科  助手、助教授、准教授                                        

2007 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 訪問研究員(3か月)

2014 九州大学先導物質化学研究所 准教授

ご専門分野

高分子材料学(エラストマー、結晶性高分子、非晶性高分子)

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

64TPE技術研究会 会告

64TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして201919日(水)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。なお通常とは開催場所が異なりますので、ご注意ください。

1.日時 2019325日(月)14:00 - 19:00

2.場所 住友クラブ大阪

 (〒550-0002, 大阪府大阪市西区, 江戸堀1-13-10)

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「樹脂架橋剤タッキロール」

   「Cross-linking agent TACKIROL」

要旨:弊社のTACKIROL(レゾール型アルキルフェノールホルムアルデヒド樹脂)は主にブチルゴム系の架橋剤として用いられてきましたが、近年、オレフィン系の架橋型性エラストマー(TPV)の動的架橋剤としても使用されています。本日は、TACKIROL について、その性状、用法、性能、使用の際の注意点などをご紹介します。

TACKIROL has been used as cross-linking agent for IIR mainly. In recent year, it is also used as dynamic cross-linking agent for TPV. We introduce the properties, usage, performance and precautions for use of TACKIROL.

講師:佐藤 伸行様 (田岡化学工業株式会社研究所 主任研究員)

     Nobuyuki Satoh (R&D Laboratory, Taoka Chemical Co. Ltd.)

ご略歴:

2003年:徳島大学大学院 工学研究科 博士前期課程修了

2003年~:田岡化学工業株式会社 研究所

<Work experience>                                                                               

2003 : Master of Engineering, Tokushima University

2003-: R&D Laboratory, Taoka Chemical Co. Ltd., 

ご専門分野

・高分子化学

· Polymer Chemistry

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

63TPE技術研究会 会告

63TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして201919日(水)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。

1.日時 2019123日(水)14:00 - 19:00

2.場所 ちよだプラットホームスクウェア・ミーティングR002

 (アクセスURL http://yamori.jp/access/)

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「素材メーカーがつくる走るコンセプトカーAKXYについて」

   「Drivable concept car "AKXY" producing by material supplier」

要旨:旭化成グループは、2017年に、走るコンセプトカー: AKXYを開発・発表した。CASEと呼ばれる自動車産業激変の中、自動車産業の中で素材メーカーの果たす役割も大きく変化しており、そのコネクトのため大きな一手となるべく制作したコンセプトカー。その開発背景や、素材メーカーから見たトレンド、AKXY搭載技術を紹介する。

In this presentation the status of Japanese plastic industry together with its strong point will be discussed. At the same time as one of the future trends, the much greater hope to make further effort to expand the high temperature plastics area will be stated.

講師:宇高 道尊様 (旭化成株式会社オートモーティブ事業推進室 室長)

     Michitaka Udaka (General manager of Automotive Marketing Dept., Asahi Kasei, Co.)

ご略歴:

1992年 旭化成工業株式会社入社

     電子材料 感光性ドライフィルム、半導体材料 半導体バッファーコート用感光性ポリイミドの国内外営業を経験                                                                  

2014年 旭化成株式会社 経営戦略室へ異動

2016年 新設された「オートモーティブ事業推進室」室長                                                            

<Work experience>                                                                               

1992 to entrance Asahi Chemical Industry

        Photosensitive dry film resist, Photosensitive polyimide for buffer coating

2014 Strategic Management Dept.

2016 General manager of Automotive Marketing Dept.

ご専門分野

・マーケティング、事業戦略

· Marketing, Management strategy

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

 

62TPE技術研究会 会告

62TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして20181114日(水)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。なお開催地が通常と異なりますのでご注意ください。

1.日時 2018年1128日(水)13:00 - 19:00

2.場所 JSR六本木倶楽部

 (〒106-0032 東京都港区六本木7-11-7)

3.内容 

13:00 - 14:00 特別講演会

演題:「THERMOPLASTIC ELASTOMERS: STRUCTURE AND PROPERTIES AT MICRO-, NANO- AND MOLECULAR LEVELS

講師:Anil K. Bhowmick (Professor  of Eminence, Indian Institute of Technology, Kharagpur, India)

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「我が国のプラスチックの今後を考えるー高耐熱性樹脂を中心としてー」

   「On the overview of Japanese plastic industry especially focusing on super engineering plastics in the future」

要旨:我が国のプラスチック産業の現状とその強みについて概括すると共に、将来の方向の一つである高耐熱性樹脂分野への更なる展開への期待を述べる。

In this presentation the status of Japanese plastic industry together with its strong point will be discussed. At the same time as one of the future trends, the much greater hope to make further effort to expand the high temperature plastics area will be stated.

講師:向井 淳彦様 (向井プラスチックコンサルタント事務所 所長)

     Atsuhiko Mukai (Mukai Plastics Consultant Office)

ご略歴:

1938:京都市生まれ (Born in Kyoto)

1961:京都工芸繊維大学 繊維学部 繊維化学科卒

     帝人(株)入社

1986:樹脂販売部長

1991:樹脂技術生産部長

1993:テイジン・アモコ・エンジニアリング・プラスチックス(株)代表取締役社長

1998:同社 定年退職 (Compulsory retirement from the above)                     

1999:向井プラスチックコンサルタント事務所 開所                              

            (Started Mukai Plastics Consultant Office and to this day)

<Work experience>                                                                               

1938 Born in Kyoto
1961 Graduated from Kyoto Institute of Technology, Major : Fiber chemistry

         Joined Teijin Ltd

1986 General Manager of Plastics Sales Department

1991 General Manager of Plastics Technology and Production Department
1993 Joined Teijin Amoco Engineering Plastics Ltd as the President

1998 Compulsory retirement from the above
1999 Started Mukai Plastics Consultant Office and to this day

ご専門分野

・プラスチック分野での各種コンサルティング(技術及びマーケティング, 他)

· Various kind of consulting in plastics area (Technology and marketing, etc)

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

 

61TPE技術研究会 会告

61TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして20186月27日(水)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。

1.日時 2018711日(水)14:00 - 19:00

2.場所 ちよだプラットホームスクウェア・会議室505

 (アクセスURL http://yamori.jp/access/)

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「ある研究開発の歴史:TPEが作るマイクロメーターサイズの相分離構造と物性の研究から、それらを基にした用途開発、事業化まで」

   「A R&D history, from scientific study of TPEs and their micrometer-ordered phase structure to their industrial applications.」

要旨:少量の結晶性TPEと多量の油からなる熱可塑性ゲルの科学的研究からスタートした、研究と開発の物語をご紹介します。 TPEが作るモルフォロジーや、その結果得られる機械的特性の研究成果を概説します。 その後、これらの材料の用途検討結果をご説明します。お客様のニーズを調査し、材料研究から得られた製品開発を、事業につなげた物語として、ご紹介します。

A R&D history is introduced, which started scientific study of non-aqueous physical gels based on a small amount of semi-crystalline TPE and a large amount of oil. Result of morphological investigation and mechanical properties are visually explained. Industrial applications and potentials of those materials are introduced. Further, product development derived from material research is introduced as a story leading to the project according to investigation of customer needs.

講師:真下 成彦様 (株式会社ブリヂストン 事業開発企画管掌付き 兼 化工品開発第1本部付き)

     Naruhiko Mashita (Bridgestone Corp.)

ご略歴:

1963年9月 愛知県生まれ (まだ)54歳
1988年   名古屋大学大学院 理学研究科 化学専攻 修了
      株式会社ブリヂストン 入社
2002年   技術士(化学部門)高分子製品 合格・登録
2004年3月 東京工業大学 有機・高分子専攻 論文博士(主査:西敏夫先生)
2016年12月 株式会社ブリヂストン 化工品技術本部長を退任
2018年10月~(現在) 同社 事業開発企画管掌付 兼
化工品開発第1本部付 フェロー(本部長格)

<Work experience>

1963 September,  Born in Aichi prefecture,  (still) 54 years old
1988 Spring,  Nagoya University, Graduate School of Science (Chemistry), Master of Science.
1988 April,  Joined Bridgestone Corporation.
2002,       Professional Engineer of Japan, Chemical, Polymer Products
2004 March,   Tokyo Institute of Technology, Dr. of Eng. (Chief: Professor Toshio Nishi)
2016 December,  Retired from Director of Chemical Industrial Products Technology Division, Bridgestone Corp.
  (present),  Fellow-Director,  Advanced business development and concurrent Diversified Products Development 1. 

ご専門分野

・熱可塑性エラストマー、特に スチレン系TPEとその配合技術開発。

・高分子が作る高次構造と力学物性の研究。

・新素材の研究開発とその事業化までの経験に基づいたイノベーションプロセス。

· Thermoplastic elastomer, especially polystyrene based TPEs and their compounding technology.
· Higher order structure made by macromolecules and their mechanical properties.
· Innovation process based on research and development experience of new materials and their commercialization.

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

 

60TPE技術研究会 会告

60TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして201857日(月)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。

1.日時 2018521日(月)14:00 - 19:00

2.場所 ちよだプラットホームスクウェア・会議室504

 (アクセスURL http://yamori.jp/access/)

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「「CO2回収-EOR」による石油増産と温暖化対策」

   「"Oil recovery & Storage CO2 in oil reservoir" system by collected CO2 from flue gas of thermal power (mainly with coal) generation plant

要旨:排ガスからCO2の回収はアミンで吸収する重工殿の技術が世界最高で、特に石炭火力発電所の排ガスからのCO2回収は独自技術です。そのCO2を油田に圧入して、石油増産と共にCO2を油田に貯留して削減するシステムを図りました。油田に圧入したCO2は高温高圧下で臨界状態となって石油に混入すると、石油の粘度を下げて、流れ易くなり石油を増産します。その際のCO2は、石油増産で付随的に油田へ貯留するので、貯留コストは零です。米国ヒューストンのパリッシュ石炭火力発電所で回収したCO2を130 km離れたウェストランチ油田へパイプライン輸送して圧入します。事業目的は石油増産(300bopdから12000bopdへ)とCO2排出削減(160万㌧/年)です。この1号プラントは、昨春テキサスで日米弁事業で本格稼働に入りました。

Our member of JODCO- AbuDhabi started to study "Recovered CO2-EOR" at 20 years ago. Some studies for "Recovered CO2- EOR" were suported  by DOE of USA, because this theme is also important to USA. First CO2 Recovery system from flue gasare used  much electoricity & heat, but Mitsubishi Heavy Industory reduced needs of both energy to economic level by Amine catalyst-method.  Asa consuming of oil did not increase for few years, "Recovered CO2- EOR" is not used. But at  Sep. 2014, JX Oil Dvelopment Co.(Japan) & NRG Energy Inc. (USA) decided to jointly construct "Recovered CO2-EOR" 1st  plant beside Parishu-coal thermal station and send recovered CO2 to Westlunch oil reservior by pipeline for increasing oil production from 300bopd to 12000bopd.  The Westlunch oil reservior accumulatedCO2  at pace of1.6million ton /year during O2-EORwork,

講師:突田 芳宏様 (元三菱重工業UAE事業統合推進室)

     Yoshihiro Tsukita (ex Mitsubishi Heavy Industory LTD)

ご略歴:

1.新日本製鐵 (Nippon Steel co.)

エネルギー開発(主に石油開発と地熱開発)の研究開発と設計を担当しました。

2. 新エネルギー産業技術総合開発機構 (New Energy & Industrial Technology Development Org.)

新エネルギーや産業技術の研究成果を周知して、国費を用いる理解を深める広報を担当しました。

3. ジャパン石油開発 (JODCOJapan Oil Development co.)

1次出向:JODCOADNOCが開発を進めるアラビア湾のウムアダルク海洋油田の計画を担当しました。 

2次出向:再出向を志願し、EORの検討から、CO2を削減する温暖化対策の緒に着きました。

4. 国立大学法人九州工業大学 (Kyushu Institute of Technology)

産学連携センターでマレーシアの企業とマグネシウムの強度を向上する研究に従事しました。講義は2年生を対象に環境とエネルギーを担当しました。

5. 三菱重工業 (Mitsubishi Heavy Industory LTD)

アブダビ勤務の経験を生かし、重工殿の要請で現地の事業開発を担当。CO2活用事業は難しいので、私はアブダビが望む食料自給の向上を目的に、節水型の農法を提案したが、重工の実績分野でないので、断念となった。

6. 旧運輸省 船舶技術研究所 The Ministry of Transport, Laboratory of Ship

当時杉並区民はゴミ焼却場の建設場所を区内には同意せず、その打開策として東京湾に浮かべたセミサブ式の海洋構造物にゴミ焼却場を設置する構想が示された。私の研究テーマは、動揺する海洋構造物にゴミをカプセルに納めて、パイプライン輸送する方法でした。船舶技術研究所でカプセル・パイプラインを水槽実験で検討しました。後に本構想は建設費が高額の為、江東区の有明地区にゴミ焼却場を建設して、本構想は検討半ばで、未達となりました。

<Work experience>                                                                               

Nippon Steel co., New Energy & Industrial Technology Development Org., JODCO: Japan Oil Development co., Kyushu Institute of Technology, Mitsubishi Heavy Industory LTD, Ministry of Transport: Ship Research Institute

ご専門分野

エネルギー開発と地球環境改善

Energy Development, Environment & Earth Warming

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

59TPE技術研究会 会告

59TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして201836日(火)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。なお開催地および開始時間が通常と異なりますのでご注意ください。

1.日時 2018320日(火)13:30 - 19:00

2.場所 三井デュポンフロロケミカル(株) テクニカルセンター

 (〒424-8631 静岡県静岡市清水区三保3600)

 (アクセスURL https://www.md-fluoro.co.jp/corporate/base/tech_center.html

3.内容 

13:30 - 15:00 幹事会 後15分休憩

15:15 - 16:15 講演会

演題:「バイトン™フッ素ゴムの紹介」

   「Introduction of Viton™ Fluoroelastomers

要旨:バイトン™フッ素ゴムは、耐熱性や耐化学薬品性に優れており、高温や過酷な環境下の用途で使用されております。本講演では、バイトン™フッ素ゴムのポリマー、架橋系、基本物性、基本配合、代表的な用途について紹介させていただく予定です。

Viton™ fluoroelastomer has excellent heat and chemical resistance and is used for high temperature and aggressive environment applications. Viton™ fluoroelastomer polymer, cure system, properties, basic formulation technologies and key applications will be introduced at the meeting.

講師:寺内 賢治様 (ケマーズ株式会社 フロロ製品事業部 アジア太平洋地域テクニカルサービスマネジャー)

     Kenji Terauchi (Chemours K.K.)

ご略歴:

2002年 大阪大学工学部応用自然科学科応用化学コース(学士)卒業

2004年 ウェールズ大学アバリストウィス校環境科学科(修士)卒業

2005年にデュポンダウエラストマー株式会社に入社し、バイトン™フッ素ゴムの技術開発をおこなう。

現在、ケマーズ株式会社にてフロロ製品事業部アジア太平洋地域テクニカルサービスマネジャーに従事する。

<Work experience>                                                                               

Obtained BSc in the Applied Chemistry at the Osaka University in 2002 and MSc in the Environmental Sciences at the Wales University, Aberystwyth, in 2004. Joined the DoPont Dow Elastomers K.K. for Viton™ Technical Service & Development in 2005 and now work as an Asia Pacific Fluoroproducts Technical Service Manager at the Chemours K.K..

ご専門分野

化学、ゴム

Chemistry, Rubber

16:30 - 17:00 移動

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

 

58TPE技術研究会 会告

58TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして2017115日(月)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。なお開催地および開始時間が通常と異なりますのでご注意ください。

1.日時 2018125日(木)13:30 - 18:30

2.場所 住友ゴム神戸本社 神戸市中央区 

 (アクセスURL http://www.srigroup.co.jp/corporate/map/honsha.html

  本社ビルの1Fロビーにお越しください。会場までご案内いたします。

3.内容 

13:30 - 15:00 幹事会 後15分休憩

15:15 - 16:15 講演会

演題:「NMRによる天然ゴムの末端基構造解析」

   「End-group analysis of natural rubber by NMR

要旨:天然ゴムは基幹ゴム材料として重要な位置を占め続けているにも関わらず、未だにその構造や物性には不明確な点が残されている。例えば天然ゴムの末端の化学構造の解明は天然ゴム特有の物性を理解するためのカギの一つであると考えられているが、天然ゴムは分子量が非常に大きいため末端基の占める割合が非常に小さく、そのため分析が困難であった。最近、講演者らは高感度NMR装置を用いて天然ゴムの末端構造解析を実施しており、その成果について解説する。

Natural rubber (NR) is one of the most frequently used raw materials for industrial rubber products. To understand the origin of the specific properties of NR, chemical structure of the NR molecules should be minutely characterized as possible. However, chemical structure of its end-group is still difficult to characterize, because the end-group is only very tiny portion in the whole NR molecule. The author will show the recent results of end-group characterization of NR by using modern NMR instruments with high sensitivity. 

講師:北浦 健大様 (住友ゴム工業株式会社 分析センター 課長代理)

     Takehiro Kitaura (Sumitomo Rubber Industries, LTD.)

ご略歴:

2007  大阪大学大学院 基礎工学研究科 博士後期課程修了          

2007-2015 大阪大学大学院 基礎工学研究科  助教                        

2015- 住友ゴム工業株式会社 入社 研究開発本部 分析センター配属 現職

<Work experience>                                                                               

2007 Ph.D, Grad. School of Engineering Science, Osaka Univ.                                                  

2007-2015 Assistant professor, Grad. School of Engineering Science, Osaka Univ.  

2015- Research staff, Chemical Analysis Center, Sumitomo Rubber Industries, LTD.

ご専門分野

高分子化学、高分子分析、NMR

Polymer Chemistry, Polymer Analysis, NMR

16:15 - 17:00 移動

17:00 - 18:30 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

 

57TPE技術研究会 会告

57TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして20171026日(木)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。なお開催地が前回議事録や通常の開催地と異なりますのでご注意ください。

1.日時 2017119日(木)14:00 - 19:00

2.場所 味覚糖UHA館TKP浜松町カンファレンスセンター カンファレンスルーム4B

 (アクセスURL https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-uha-hamamatsucho/

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「高いエネルギー散逸と自己形状回復性を有するポリロタキサンTPE」

   「Polyrotaxane TPE with a high-damping and self-healing property

要旨:我々の研究室ではポリロタキサンの基礎物性の解明と新奇材料への応用を目指して研究を行っている。ポリロタキサンとは直鎖状の軸分子に幾つかの環状分子が貫通しており、軸分子の末端が嵩高い官能基によって置換されたトポロジカル超分子である。本講演では、軸分子上で環状分子が構造形成・崩壊を繰り返すことが可能な新しいポリロタキサンの合成、自己組織化構造、および動的な構造形成・崩壊に基づく特徴的な力学物性について最新の結果を発表する。

Polyrotaxane have been attracting growing interest due to the large degree of a molecular mobility derived from a topologically attached ring molecules onto a main chain polymer. In this talk, synthesis of polyrotaxane where cyclic molecules dynamically self-assemble along the main chain polymer, their self-assembling behavior, and unique mechanical properties based on the dynamic self-assembly will be discussed.

講師:前田 利菜先生 (東京大学大学院新領域創成化学研究科 助教)

     Rina Maeda (The University of Tokyo)

ご略歴:

2008.3 東京工業大学工学部 有機材料工学科 卒業                                                                             

2013.3 東京工業大学大学院 有機・高分子物質専攻 卒業                                                                             

2013.4-5  東京工業大学大学院 有機・高分子物質専攻 早川研究室 博士研究員                                                                           

2013.6-2015.4 University of Wisconsin-Madison, Department of Biochemistry, Weibel研究室 博士研究員                                                                             

2015.5- 現職

<Work experience>                                                                               

2013.3 Graduated from Department of Organic and Polymeric Materials, School of Engineering, Tokyo Institute of Technology (Doctor of Engineering) 

2013.4-5 Postdoctoral Researcher, Hayakawa Group, Tokyo Institute of Technology                                                                           

2013.6-2015.4 Postdoctoral Researcher, Weibel Lab, Department of Biochemistry, University of Wisconsin-Madison 

2015.5- Assistant Professor, Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo

ご専門分野

高分子合成、自己組織化材料、高分子構造物性

Polymer synthesis, Self-assembling material, Structure science of polymeric materials

17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)

連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp

 

56TPE技術研究会 会告

56TPE技術研究会を下記の要領にて開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。つきましては、ご参加の可否につきまして2017712日(水)までにメールにて弊方宛に連絡頂きたくお願い致します。

1.日時 2017726日(水)14:00 - 19:00

2.場所 ちよだプラットホームスクウェア ミーティングルーム002

 (アクセスURL http://yamori.jp/access/

3.内容 

14:00 - 15:30 幹事会 後15分休憩

15:45 - 16:45 講演会

演題:「ブロックコポリマーベースの非共有結合性ソフト高分子材料」

   「Block Copolymer-Based Noncovalent Soft Polymeric Materials

要旨:最近我々はブロック共重合体のナノメーターオーダーでの分子内相分離、また水素結合や配位結合などの非共有結合、さらにガラス転移温度の低い、すなわち室温で溶融状の成分の組込み、これら3つを組み合わせることで高性能なソフト高分子材料の創製に取り組んでいる。本発表では主に二種類のブロックコポリマーベースの非共有結合性ソフト高分子材料、すなわち非共有結合性エラストマーとソフトフォトニック膜に関する研究内容を紹介する。

Recently, we have been working on creating high-performance soft polymeric materials by combining three features on molecular design, i.e., intramolecular phase separation at the nanometer scale in block copolymers, noncovalent bonding such as hydrogen bonding and metal-ligand coordination, and incorporation of molten components at room temperature. In this lecture, I mainly introduce two types of block copolymer-based noncovalent soft polymeric materials, namely, noncovalent elastomers and soft photonic films.

講師:野呂 篤史先生 (名古屋大学大学院工学研究科 講師)

     Atsushi Noro (Nagoya University)

ご略歴:

2004年3月 名古屋大学 大学院工学研究科 物質化学専攻 博士前期課程 修了

2006年9月 名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 博士後期課程 短縮修了

2006年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)

2006年10月 日本学術振興会特別研究員(PD)

(2006年10月~2007年9月 米国ミネソタ大学 化学専攻 博士研究員を兼任)

2007年10月 名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 助教

(2011年7月~9月年 米国マサチューセッツ工科大学 材料科学専攻 客員研究員を兼任)

2017年2月 名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 講師

2017年4月 名古屋大学 大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 講師



主な受賞

2013年5月 平成24年度高分子研究奨励賞(高分子学会)

2015年2月 平成26年度田中ゴム科学技術賞(江野科学振興財団)

2015年5月 平成26年度東海化学工業会賞(東海化学工業会)

2015年5月 2014年度日本レオロジー学会奨励賞(日本レオロジー学会)

2017年5月 第9回日本ゴム協会科学技術奨励賞(日本ゴム協会)



<Work experience>                                                                               

Apr 2017 - present Junior Associate Professor, Department of Molecular and Macromolecular Chemistry, Nagoya University

Feb 2017 - Mar 2017 Junior Associate Professor, Department of Applied Chemistry, Nagoya University

Oct 2007 - Jan 2017 Assistant Professor, Department of Applied Chemistry, Nagoya University

Jul 2011 - Sep 2011 Visiting Scientist, Department of Materials Science, Massachusetts Institute of Technology (Host: Prof. Edwin L. Thomas)

Oct 2006 - Sep 2007 Research Fellow (PD), Japan Society for the Promotion of Science; Postdoctoral Associate, Department of Chemistry, University of Minneosta (Host: Prof. Timothy P. Lodge)

Sep 2006 Department of Applied Chemistry, Nagoya University (Ph.D.)   

Apr 2006 - Sep 2006 Research Fellow (DC2), Japan Society for the Promotion of Science



Awards & Prizes

2017 Encouragement Award for Science & Technology (The Society of Rubber Science and Technology, Japan)

2015 Award for Encouragement (Society of Rheology, Japan)

2015 Tokaikagaku-Kougyokai Award (Tokaikagaku-Kougyokai, Japan)

2015 Tanaka Rubber Science & Technology Award (Enokagaku-Shinko Foundation, Japan)

2013 Award for Encouragement of Research in Polymer Science; The Society of Polymer Science, Japan (2013)



ご専門分野

高分子科学全般、高分子ソフト材料、超分子材料

Polymer science, Soft polymeric materials, Supramolecular materials



17:00 - 19:00 懇親会(会場未定、会費5,000円)



連絡先:

東京工業大学 中嶋 健(nakajima.k.aa@m.titech.ac.jp