2019年9月アーカイブ

20191024 第14回TPE技術研究会公開講演会

第14回TPE技術研究会公開講演会

今回の公開講演会では長年ゴム・TPE の分野を牽引されてきた福森先生によるTPE の変形・破壊に関する研究を始めとし、クラレ森下様によるバイオ由来モノマーを活用した液状ゴム・エラストマーの応用事例、日本ゼオン高柳様による非対称構造を持つ熱可塑性エラストマーの優れた物性発現メカニズム( 構造解析) など、最新のTPE 技術関連の話題を取り上げました。奮ってご参加頂けますようお願い申し上げます。

【開催日】:2019年10月24日(木)13:00-19:00

【場所】:東京工業大学 蔵前会館 ロイヤルブルーホール

住所 〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1

http://www.somuka.titech.ac.jp/ttf/floor/index.html

【参加費】:会員、記者(無料)、非会員(1.0万円)

【内容】:

12:45-    受付開始

13:00-13:10  挨拶:西 敏夫  特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会代表理事

13:10-14:30 演題「TPEの変形・破壊~ナノフィラー複合化、廃ゴムからの創製」

                       愛知工業大学  福森 健三氏

要旨:(a) スチレン系TPE (トリブロック共重合体)の静的疲労破壊挙動-カーボンブラック充填系架橋ゴムとの比較-、(b) オレフィン系動的熱可塑性架橋エラストマー(TPV )の引張物性に対するナノフィラーの分散効果、(c) 廃ゴムからのTPV 創製(反応混練技術)など、TPE に関連する、これまでの演者らの研究について紹介する。

14:30-14:40 休憩

14:40-15:40  演題「バイオ由来モノマー"β- ファルネセン"を活用した液状ゴムおよ

びエラストマーのご紹介」

             クラレ  森下 義弘

要旨:サトウキビから製造されるバイオ由来モノマー"β- ファルネセン"を活用した、環境配慮型の液状ファルネセンゴム(LFR) および水素添加スチレン系熱可塑性エラストマー「セプトンⓇ」BIO-series を紹介する。ポリファルネセンの高分岐構造に由来する粘度特性を活かし、LFR はグリップ性能を向上させるタイヤ用添加剤として由来する粘度特性を活かし、LFR はグリップ性能を向上させるタイヤ用添加剤として採用されており、また、「セプトンⓇ」BIO-series は靴底やグリップ用途に使用が見込まれている。

15:40-15:50 休憩

15:50-16:50  演題「非対称構造を持つ熱可塑性エラストマー混合物の伸長過程構造解析」

                      日本ゼオン  高柳 篤史

要旨:熱可塑性エラストマーSIS を対称構造のSIS と非対称構造のSIS'の混合物としたところ、これまでの粘・接着剤用途に加えて、エラスティックフィルム用途にも利用できる応力と復元性に優れた材料となった。時分割SAXS 、TEM 、SCF (自己無撞着場)シミュレーションによる伸長過程の構造解析から、大小スチレンドメインのランダムな分布が特徴的な物性発現に寄与することが明らかとなった。また、このドメインの分布はプロセッシング条件によっても変化するため、この条件の制御も重要であることがわかった。

17:00-19:00 懇親会 (¥5,000/人)

【申込方法】

1. 以下より入力して下さい.

URL:http://ransp.org/ransplavel/level2/attend.html

2. 上記URLにて入力できない場合は以下メールにてお申し込み下さい.

特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会

ナノ構造ポリマー研究会会員委員 重野譲二

メール:joji@fc4.so-net.ne.jp

詳細 http://ransp.org/index.html

 

20191024 14th TPE technology institute open seminar

14th TPE technology institute open seminar

At this public seminar meeting we covered the latest topics related to TPE technology as follows:Professor Kenzo Fukumori, a leading researcher in TPE field.Mr. Yoshihiro Morishita from Kuraray, handling liquid rubber and elastomer using bio-based monomer.Mr. Atsushi Takayanagi from ZEON for the superior properties of asymmetric SIS block copolymer r. We happily appreciate your participation in this meeting.

Date: October 24,2019 (Thursday)  13:00-19:00

Place: Kuramae Royal Blue Hall, Tokyo Institute of Technology

Address   152-8550    2-12-1 Ookayama, Meguro, Tokyo

http://www.somuka.titech.ac.jp/ttf/floor/index.html

Fee: member and press free, none member: ¥10,000-

Content

12:45-      reception

13:00-13:10 greeting     Dr.Toshio Nishi   President of RANSP

13:10-14:30 "Some selected topics on TPEs: (a)Deformation and failure behaviors, (b)Nanofiller dispersed composites, and (c)Preparation based on rubber waste"

Aichi Institute of Technology    Prof. Kenzo Fukumori

Abstract: Some selected topics of our studies on TPEs will be presented, regarding (a)Static fatigue behaviors of SBS in comparison with those of carbon black-filled rubber vulcanizates, (b) Effects of dispersed nanofiller on tensile properties of olefinic thermoplastic vulcanizates (TPVs), and (c) Preparation of TPVs based on vulcanized rubber waste by reactive processing.

BIO:

1979..3 M.S. in Polymer Chemistry, Kyoto Univ. Graduate School of Eng.                                                                    

1979.4- 2018.3 Toyota Central Res. & Dev. Labs., Inc.

1992.6  Doctor of Eng. in Appl. Phys., Univ. of Tokyo                                                                        

2018.4- Professor, Dep. of Appl. Chem., Fac. of Eng., Aichi Inst. Tech.

He received SPSJ Award (Technology) in 2004 and Fellow Award of SPSJ in 2015.

14:30-14:40 Break

14:40-15:40  "Introduction of liquid rubber and elastomer using bio-based monomer "β-farnesene"

  Kuraray, Co., Ltd.     Mr. Yoshihiro Morishita

Abstract: The environment friendly products, liquid farnesene rubber (LFR) and hydrogenated styrenic thermoplastic elastomer SEPTONTM BIO-series, using a bio-based monomer "β-farnesene" derived from sugarcane are introduced. With advantage of the viscosity characteristics due to the highly branched structure of poly(β-farnesene), LFR is adopted as a tire additive to improve grip performance, and SEPTONTM BIO-series can be used for shoe soles or grip applications.

BIO:

Mar. 1998: Master of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University                                                                              

Apr. 1998Present: Kuraray, Co., Ltd.                                                                               

   Industrialization and application development of acrylic block copolymer.                                                                                

   Research and development of styrenic thermoplastic elastomer.

15:40-15:50 Break

 

15:50-16:50  " Structure analyses of the mixture of thermoplastic elastomers having different symmetry in stretching process "

  ZEON, Co.     Mr. Atsushi Takayanagi

Abstract: We developed a thermoplastic elastomer by blending symmetric and asymmetric SIS block copolymer. This polymer blend is promising as an elastic film because it has superior physical properties, such as high modulus and recoverability, compared to symmetrical SIS homopolymers which have been used as adhesives. In order to elucidate the reasons for such excellent physical properties, its structure was investigated by time-resolved small angle X-ray scattering, transmission electron microscope observation, and SCF simulation in stretching process. In the film made by pressing close to industrial processing, the characteristic structural change of the styrene domain was observed with time-resolved small angle X-ray scattering. Furthermore, it was also found that the processing conditions have a strong influence on the phase separation structure.

BIO:

2006 Master of Chemistry, Tohoku University                                   

2006 - ZEON Corporation.

17:00-19:00 Social Gathering (¥5,000/person

The participation

NPO Reserach Association of Nano Structuted Polymer member & reporter free of charge

General person 10,000 yen 

An application method

Please input your information from the following URL.

URL: http://ransp.org/ransplavel/level2/attend.html

Please e-mail below if you can any obstacle to have access to the above URL.

NPO Reserach Association of Nano Structuted Polymer

The nano structured polymer Institute member committee

Shigeno Joji

email: joji@fc4.so-net.ne.jp

 

このアーカイブについて

このページには、2019年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年8月です。

次のアーカイブは2019年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。