2018年12月アーカイブ

20190201 12th NANO/SPE joint seminar

12th NANO/SPE joint seminar

We hold the 12th NANO / SPE joint lecture meeting by Nanostructured Polymer Research Association and SPE Japan Section with the following contents. The joint lecture consists of materials development fields to control the structure at the nano level and to improve the characteristics and grasp the latest trends in both fields in the field of aiming at new functions and productivity improvement by polymer molding processing , The aim is to promote mutual collaboration and technological integration. In this issue, we focused on the chemical industry and polymer (SDGs, bio economy, material recycling, bioplastic, etc. are keywords) contributing to the future vision, and planned topics on national measures and recent technical development trends. Researchers related to the material design field and polymer fabrication process field will participate and I hope that it will be a good opportunity to deepen further mutual exchange and exchange with researchers in the future.

Date: February 1, 2019 (Fri) 12: 50 ~ 19: 00

Place: Sumitomo Bakelite Co., Ltd. Headquarters 20 th Floor   Conference Room 3

TEL03-5462-4111    〒140-0002   5 Shinagawa-ku Higashi Shinagawa 2 - chome 5 Tokyo No. 8 Tennozu Park Side Building

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html  

Content:

12:5013:00 Greeting       Phd. Toshio Nishi         President of Research Association of Nano Structured Polymer

13:0014:10 Promotion of GSC contributing to SDGs and role of JACI

Masaki Kataoka               The Japan Association for Chemical Innovation (JACI), a public interest incorporated association

14:1015:20  Development and application of microbial biodegradable polymer "Kaneka biodegradable polymer PHBH"

Ryuji Fukuda Kaneka corporation

15:2015:40 breaking

15:4016:50  Current status of microplastic contamination in inland bay · inland water and latest research case

Shuhei Tanaka  Kyoto University

16:5017:00 Greeting  Phd. Hiroshi Itho   President of SPE Japan section

17:2019:00 Social party  ¥5,000/person participation fee

Participation Fee

Member of Research Associations Nano Structured Polymer: no charge

Member of SPE Japan Section:no charge

Not a member : ¥10,000/person  (Individual members' Substitute attendance is not allowed)

Application method: name, company,Department,Tel, Mail, Social party participation, invoice if need,.

Please contact by the following mail:

Member of Research Associations Nano Structured Polymer: Joji Shigeno     joji@fc4.so-net.ne.jp 

Member of SPE Japan Section: Manabu Ogiwara  of Nihonzeon Co.,Ltd.   M.ogiwara@zeon.co.jp TEL044-276-3729 

Not a member :Please contact one of the above contacts.

 

20190201 第12回 NANO/SPE 合同講演会

第12回 NANO/SPE 合同講演会

ナノ構造ポリマー研究協会とSPE日本支部による第12回NANO/SPE合同講演会を、下記の内容にて開 催します。  本合同講演会は、ナノレベルでの構造を制御して特性の向上を図る材料開発分野と、ポリマー成型加 工による新規機能付与や生産性向上を図る分野において、両分野の最新動向の把握と、相互連携によ る発展や技術融合を促進するのが目的です。今回は、将来ビジョンに貢献する化学産業・ポリマー (SDGs、バイオエコノミー、マテリアリサイクル・バイオプラスチックなどがキーワード)に着目し、国 策や最近の技術開発動向に関するトピックスを企画しました。 材料設計分野、ポリマー加工プロセス分野に関係する研究者が参加され、今後の更なる発展や研究 者相互の交流を深める良い機会になることを期待します。

・日時:平成31年2月1日(金) 12:50~19:00

・場所:住友ベークライト株式会社 本社20階第3会議室 (TEL:03-5462-4111)     〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル     http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html

・内容:

12:50~13:00 開会挨拶 西敏夫 ナノ構造ポリマー研究協会代表理事13:00~14:10 「SDGsに貢献するGSCの推進とJACIの役割」(仮題)              公益社団法人 新化学技術推進協会(JACI) 片岡 正樹 氏

14:10~15:20 「微生物産生生分解性ポリマー「カネカ生分解性ポリマーPHBH」の 開発と応用」(仮題)  カネカ 福田 竜司 氏 

15:20~15:40  ~ 休憩 ~

15:40~16:50 「内湾・陸水におけるマイクロプラスチック汚染の現況と最新の研究事例」(仮題) 京都大学 田中 周平 氏    

16:50~17:00 閉会挨拶 伊藤浩志  SPE日本支部支部長     

17:20~19:00 懇親会 (参加費:5,000円/人)

・参加費:ナノ構造ポリマー研究協会会員:無料、SPE日本支部会員:無料、非会員:10,000円  (個人会員の代理出席は認められません)
・申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を  下記宛へメールでご連絡下さい。 

【ナノ構造ポリマー研究協会会員】    重野 譲二                メール:joji@fc4.so-net.ne.jp  
【SPE日本支部会員】    荻原 学  日本ゼオン株式会社 加工品開発研究所 メール:M.ogiwara@zeon.co.jp TEL:044-276-3729
【非会員】    上記連絡先のいずれかにご連絡下さい。
以上

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。