2017年12月アーカイブ

20180208 第11回 NANO/SPE 合同講演会

第11回 NANO/SPE 合同講演会

ナノ構造ポリマー研究協会とSPE日本支部による第11回NANO/SPE合同講演会を、下記の内容にて開催します。

 本合同講演会は、ナノレベルでの構造を制御して特性の向上を図る材料開発分野と、ポリマー成型加工による新規機能付与や生産性向上を図る分野において、両分野の最新動向の把握と、相互連携による発展や技術融合を促進するのが目的です。今回は、製造革命をもたらすIOT・ビッグデータ・インフォマティクスに着目し、モノづくり、材料開発への応用に関する最近のトピックスを企画しました。材料設計分野、ポリマー加工プロセス分野に関係する研究者が参加され、今後の更なる発展や研究者相互の交流を深める良い機会になることを期待します。

日時:平成30年2月8日(木) 13:00~19:00

場所:住友ベークライト株式会社 本社20階第3会議室 (TEL:03-5462-4111)

    〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

    http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html

内容:

13:00~13:10 開会挨拶 西敏夫 ナノ構造ポリマー研究協会代表理事

13:10~14:20 「ケモインフォマティクスによる製造プロセスを考慮した高分子材料設計」

  Polymer materials design with considering production process by chemoinformatics

東京大学 工学部化学システム工学専攻

教授 船津 公人 氏

要旨:従来、順方向の予測、つまり与えた構造、材料の評価はできても、逆に目的物性を持つ構造、材料候補の提案は難しかった。この逆解析こそがデータ駆動型化学に求められる重要項目と理解され始めてきた。さらに「何を作るか」から、それを「どう作るか」、そしてそれを安定した品質で生産するための生産プロセス監視と制御に関わる課題に迅速かつ効果的に対応するために、いまやデータ、情報の積極的活用が不可欠となってきた。

In past, forward prediction, namely evaluation of sturucture/material was possible. However, inversely proposal of structure/material with desored property was difficult. It has been understood that just this inverse analysis is most important issue which is required to data-driven chemistry.

Furthermore, in order to swiftly and efficiently cope with the subjects from "what to make" to "how to make" and monitoring and controlling productoin process to keep stable production with high quality, strategic use of data and information just has been indispensable.

現職 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻・教授

 昭和53年 九州大学理学部化学科卒業

昭和55年 九州大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了

昭和58年 九州大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了 理学博士  

昭和59年 豊橋技術科学大学工学部物質工学系助手

昭和63年           同上     知識情報工学系助手

平成4年             同上            助教授

平成16年~ 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻教授

現在に至る

平成23年 ストラスブール大学招聘教授

 受賞

・化学工学会 SIS部会 技術賞 (2016年9月)

・日本コンピュータ化学会・学会賞 (2003年5月)

・日本化学会・Bulletin of Chemical Society of Japan (BCSJ)論文賞(2001年3月).

       受賞対象論文: Bull. Chem. Soc. Jpn., 73, 1955-1965 (2000).

・日本科学技術情報センター 丹羽賞・学術賞(昭和63年4月)

「化学研究における情報管理および設計支援システムの開発」

Prof. Kimito Funatsu obtained his Doctoral degree (Dr. Sci.) in physical organic chemistry from Kyushu University (1983) and then joined Prof. Shin-ichi Sasaki's group at Toyohashi University of Technology in 1984. During this time with that group, he worked on chemoinformatics, i.e., the structure elucidation system CHEMICS, the organic synthesis design system AIPHOS, de novo design, and chemogenomics. In 2004, he moved to The University of Tokyo as a full Professor to continue research in the same areas. Recently, he has worked on material design and soft sensors for chemical plant control. He was Chair of the Division of Chemical Information and Computer Sciences, Chemical Society of Japan (2004-2014).

14:20~15:30 「高分子接着界面現象に関する分子シミュレーション」

Interfacial phenomena of polymeric adhesives studied by molecular simulations.

             日東電工株式会社 サステナブル技術研究センター

                                                島津 彰 氏

要旨:高分子の接着界面現象を分子間相互作用と高分子鎖の振る舞いの観点から研究できるシミュレーションについて紹介する。スーパーコンピュータを利用して従来より大きな空間スケールにて全原子系の界面挙動について考察した。

Interfacial phenomena of polymeric adhesives were studied from the view point of intermolecular interactions and polymer deformation behavior. Peeling behavior at adhesive/substrate interface was characterized at molecular level using super computational technology.

東京理科大学理工学部卒業後、大阪大学大学院薬学研究科にて薬学博士取得。

大阪大学薬学部助手を経て現在、日東電工株式会社研究開発本部にて、分子シミュレーションを利用した材料研究に従事。

これまでに、京都大学大学院工学研究科、東京工業大学大学院理工学研究科にて、分子シミュレーションと評価技術に関する非常勤講師として任用。

現在、日本陽電子科学会理事、日本接着学会接着界面科学研究会委員および日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部委員として任用。

 Name: 

Akira Shimazu

Office:

Corporate Researchand Development Div., NITTO DENKO Corporation.

Education: 

Bachelor of Engineering, Tokyo University of Science.

Doctor of Pharmacy, Osaka University.

Professional Experience:

Research Associate, Graduate School of Pharmaceutical Science, Osaka University.

Lecture (part-time) for molecular simulation and materials analysisat the Graduate School of Engineering, Kyoto University.

Lecture (part-time) for molecular simulation and materials analysis at the Graduate School of Engineering, Tokyo Institute of Technology School of Engineering.

Current:

Research leaderfor materials science and simulationsat NITTO DENKO Corporation.

Director of the Positron Science Society of Japan.

Committeememberof the Adhesion Society of Japan.

Committeemember of the Chemical Society of Japan.

15:30~15:40  ~ 休憩 ~

15:40~16:50 「成形工場のネットワーク化―IoTへの取り組み」

「Networking in Injection Molding Factory  -- Efforts for IoT --」

             住友重機械工業 プラスチック機械事業部技術部

                                              松永 拓也 氏

要旨:

1.国内・国外の産業界、成形業界のIoTへの取組と現状の課題

2.成形機と周辺機器、上位システムとの通信の現状、今後の展望

3.成形工場のネットワーク化による恩恵と課題

 

1. Current efforts and problems for IoT in molding industry (Domestic and abroad).

2. Network communication between IMM and peripheral equipment or host system.

    Current and outlook.

3. Benefits and tasks for networking in molding factory.

2013年  住友重機械工業株式会社 入社

以降、射出成形機の制御ソフトウェア、ハードウェアの開発に従事

2015年~ 産業用ネットワーク開発をきっかけに、IoT関連開発業務に従事

 

2013    Enter to Sumitomo Heavy Industries, Ltd.

2015~   IoT related development, staring from industrial network protocol.

16:50~17:00  閉会挨拶 伊藤浩志  SPE日本支部支部長

17:20~19:00 懇親会 (参加費:5,000円/人)

・参加費:ナノ構造ポリマー研究協会会員:無料、SPE日本支部会員:無料、非会員:10,000円

 (個人会員の代理出席は認められません)

・申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を

 下記宛へメールでご連絡下さい。

 【ナノ構造ポリマー研究協会会員】

   重野 譲二           
    メール:joji@fc4.so-net.ne.jp

 【SPE日本支部会員】

   荻原 学  日本ゼオン株式会社 加工品開発研究所

メール:M.ogiwara@zeon.co.jp TEL:044-276-3729

 【非会員】

   上記連絡先のいずれかにご連絡下さい。

このアーカイブについて

このページには、2017年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年11月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。