2016年10月アーカイブ

20161206 The 48th nano structured polymer Institute

The 48th nano structured polymer Institute

In this seminar, we made the latest trend of polymer based materials in the next-generation car.  Mr. Kozo Ito is promoting as Cabinet Office Impulsing Paradigm Change through disruptive Technologies Program.(ImPACT) It is the realization of "super thinning and toughening" "Shinayaka tough polymer".Please introduce the production situation of the concept car which is a summary and the aim of the project. Mr. Akiyoshi Oku, considers the situation and possibility of the evolution of the composite including CFRP expected as next-generation materials of the cars.
We ask to have we are stirred up and participate.

Date:Dec.06, 2016 (Tuesday) 14:00-19:00
Place:Mikakuto UHA  TKP Conference Center 6B Tel:03-5408-7797           
Access: http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-uha-hamamatsucho/access/
Address:Hamamatsucho 1-26-1, Minato-ku, Tokyo
[contents]

14:00-14:10 greetings:
Kano Yoshihisa Furukawa Electric Co., Ltd.
(Director NPO Research Association of Nano Structured Polymer Deputy Representative)

14:10-15:30 
Title:Molecular design, a material design strategy to realize Shinayaka tough polymer
Dr.Ito Kozo Tokyo University

15:30-15:40 Coffee break

15:40-17:00 
Title:The distance to composite car realization.
Toray Carbon Magic Co., Ltd. Mr.Akie Oku

17:00-19:00 social gathering (¥5,000-/a person)
Participation
Participation fee 
Membership of Research Association of Nano Structured Polymer:no charge
Other people ¥10,000-

We can apply than the seminar "procedure of the participation" of the below note URL.
URL:http://ransp.org/ransplavel/level2/attend.html

When input from the above is not possible, please apply by an email than the following.
A member, a reporter (free), a nonmember (10,000 yen)
The nano structured polymer Institute member committee
Shigeno Joji email:joji@fc4.so-net.ne.jp

20161206 第48回ナノ構造ポリマー研究会

第48回ナノ構造ポリマー研究会
 今回の講演会では、次世代自動車におけるポリマー系材料の最新動向を主題にしました。内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)として推進されている「超薄膜化・強靭化「しなやかなタフポリマー」の実現」について、伊藤耕三先生より、プロジェクトの概要と目標であるコンセプトカーの製作状況をご紹介いただきます。また、自動車の次世代材料として期待されているCFRP を始めとしたコンポジットについて、 その状況と進化の可能性を奥明栄先生に考察いただきます。多数の方にご参加頂きますよう、宜しくお願い致します。

【日時】2016年12月6日(火)14:00-19:00
【場所】味覚糖UHA館 TKPカンファレンスセンター 3B Tel:03-5408-7797
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-uha-hamamatsucho/access/
    〒105-0013  東京都港区浜松町1丁目26-1
【内容】14:00-14:10 挨拶:古河電工(株) 加納 義久氏(ナノ構造ポリマー研究協会副代表理事)
14:10-15:30 演題:しなやかなタフポリマーを実現する分子設計・材料設計戦略
           講師:東京大学 伊藤 耕三氏
    15:30-15:40 Coffee break
    15:40-17:00 演題:コンポジットカー実現への道程
           講師:東レ・カーボンマジック(株) 奥 明栄氏
    17:00-19:00 懇親会

参加要領
講習会費:ナノ構造ポリマー研究協会会員 無料、非会員 10000円
懇親会費:5000円、(個人会員の代理出席は認められません)
申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、
請求書が必要な場合はその旨を下記 宛へメールでご連絡下さい。

【ナノ構造ポリマー研究協会会員】
重野譲二
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会
Mail:joji@fc4.so-net.ne.jp
TEL:070-5551-1899
WEB申し込み
URL:http://ransp.org/index.html
より、開催行事に進み、参加連絡に記入して、送信してください。

このアーカイブについて

このページには、2016年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年8月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。