2016年8月アーカイブ

20161004 11 the TPE Technology Institute Open Seminar

This Seminar includes the following three therms, Mr.Haraguchi onFunctional nano composite gel, Mitsui Chemical of Olefinic TPE with damping characteristics, and Introduction of DJK Corporation on Commissioned research, analysis and measurement of physical properties. Join us as well as to thank you.

Date:October 4,2016 13:00-19:00
Place:Tokyo Insitute of Technology o-Okayama campus West 9 building collaboration room
Address:Tokyo Meguro-Ku Okayama 2-12-1
http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/ookayama.html
Participation fee: Member and press Reporter free charge, non member Y10,000/person

12:30-Acceptance start
13:00-13:10 Greeting NPO Research Association of Nano Structured Polymer
Chairman
13:10-14:10 Title:Function and application development of polyolefin
Mitsui Chemical INC. Mr.Takayuki Uekusa
14:20-15:40 Title:Organic - inorganic network structure using hydrogel rubber synthesis and function
    University of Japan  Mr.Kazutoshi Haraguchi
16:00-16:50Title:Research of polymeric materials, introduction of the latest equipment and services and testing services~About the voluntary initiatives of the TPE and related services~
DJK corporation Mr.Toshinori Iwai
17:00-19:00 Social Gathering (¥5,000/person)

The participation
NPO Reserach Association of Nano Structuted Polymer member & reporter free of charge
General person 10,000 yen
An application method
Please input than the following.
URL:http://ransp.org/ransplavel/level2/attend.html
Please e-mail below the one that we cannot input in the URL mentioned above.
NPO Reserach Association of Nano Structuted Polymer
The nano structured polymer Institute member committee
Shigeno Joji
email:joji@fc4.so-net.ne.jp
joji@fc4.so-net.ne.jp
Please refer to below URL for the details.
http://ransp.org/index.html

20161004 第11回TPE技術研究会公開講演会

今回の公開講演会では機能性ナノコンポジットゲルの分野で著名な原口和敏先生始め、制振特性に優れたオレフィン系TPE材料開発を手がける三井化学株式会社様、TPE材料を含む各種高分子材料・複合材料の研究受託、分析・物性測定の最新の事例をご紹介下さる株式会社DJKなど、TPE技術関連の話題を取り上げました。奮ってご参加頂けますようお願い申し上げます.
【開催日】:2016年10月4日(火)13:00-19:00
【場所】:東京工業大学大岡山キャンパス西9号館コラボレーションルーム
住所 〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/ookayama.html
【参加費】:会員、記者(無料)、非会員(1.0万円)
【内容】:
12:30-    受付開始
13:00-13:10 挨拶:西敏夫 特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会代表理事
13:10-14:10 演題「ポリオレフィンの機能化と用途展開」
   三井化学株式会社   植草 貴行氏
要旨:メタロセン触媒により合成されたポリオレフィンは、従来のZN触媒に比べて様々なコモノマーとの共重合性や立体規則性等が制御できるようになった。一方で材料物性の点でも、例えば融点やガラス転移温度、結晶化度、などを精密に制御することが可能となり、新規用途、分野での展開が期待できる。本発表では、当社がメタロセン触媒を用いて開発したエラストマー製品について構造制御、材料特性および用途展開の観点から紹介する。
14:20-15:40 演題「有機-無機ネットワーク構築によるヒドロゲルゴムの創製と機能」
    日本大学  原口 和敏氏
要旨:有機(高分子)-無機(クレイ)ネットワーク構造からなるナノコンポジット(NC)ゲルを創製した。NCゲルはまさにヒドロゲルゴムとも言える優れた力学物性を示すほか、透明性、刺激応答性に加えて、多様な新しい機能性を発現した。
16:00-16:50 演題「高分子材料の受託研究・試験サービスと最新機器・サービスのご紹介~TPEの自主的取り組みと関連サービスについて~」
株式会社DJK   岩井 俊憲氏
要旨:DJKは50年にわたり、高分子材料に関連するお客様に受託研究および試験サービスをご提供してきました。本講演ではDJKの独自な研究・試験ビジネスのスキームのご紹介の他、近年導入しました新規サービスやTPE・TPVの受託事例を紹介し、今後の材料開発にご活用いただける話題をご提供いたします。
17:00-19:00 懇親会 (¥5,000/人)

【申込方法】
以下より入力して下さい.
URL:http://ransp.org/ransplavel/level2/attend.html
上記URLにて入力できない場合は以下メールにてお申し込み下さい.
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会
ナノ構造ポリマー研究会会員委員 重野譲二
メール:joji@fc4.so-net.ne.jp
詳細 http://ransp.org/index.html

****************************************************************
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会
          重野 譲二

住所 :東京都目黒区八雲4-15-12
Tel :070-5551-1899
Mail :joji@fc4.so-net.ne.jp
****************************************************************

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年7月です。

次のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。