2015年9月アーカイブ

The 46th the nano structured polymer Institute

The cellulose nano fiber attracts attention as advanced materials with carbon fiber and carbon nanotube all over the world. This seminar give a lecture on structure of the cellulose nano fiber and a basic characteristic and the latest applied example. To have participate towards a majority; thanking you in advance.

Date:November 13 ,2015  Friday,14:00-19:00
Place:Mikakuto UHA  Fl.3rd room 302 Tel:03-5408-7797           
Access:www.uha-tokyo.com--index.html
Address:Hamamatsucho 1-26-1, Minato-ku, Tokyo

14:05-14:10   Greeting
14:10-15:30 Title:Cellulose Nanofiber: Structure and Fundamental Properties
Dr.Tsuguyuki Saitoh Tokyo University
Abstract:Cellulose nanofibers are prepared as a dispersion in water, and then formed into dry solid structures and composites. Here I introduce structural controls and fundamental properties of these dispersions, assemblies, and composites.
BIO:Dr. Tsuguyuki Saito graduated from the University of Tokyo in 2003, and obtained his PhD from the same university in 2008. During his PhD studies he was awarded a Marie-Curie Fellowship, which supported his work at the Centre de Recherches sur les Macromolecules Vegetales (CERMAV), France. He also worked as a Visiting Scientist at the Royal Institute of Technology, Sweden, during 2012-2013. He is currently working as an Associate Professor at the University of Tokyo.
15:30-15:40 coffee break
15:40-17:00Title:Efforts for the practical use of cellulose nanofibers.
Mr.Masayuki Kawasaki Nippon Paper Industries Co.,LTD
Abstract:Recently, research and development about the use of celluloses in wood biomass as energy sources and a wide vareity of new materials have been vigorously carried out. As one of them, much attention about an investigation of cellulose nanofibers and their applictions is being denoted.
 A way of preparing cellulose nanofibers, their characteristics and potential applications are introduced in this report.
BIO:Nippon Paper Industries Co.,LTD  Cellulose Nanofiber Business Promotion Office. General Manager
17:00-19:00
Party (¥5,000-/a person)
Participation
Participation fee 
Membership of Research Association of Nano Structured Polymer:no charge
Other people ¥10,000-
We can apply than the seminar "procedure of the participation" of the below note URL.
URL:http://ransp.org/ransplavel/level2/attend.html

When input from the above is not possible, please apply by an email than the following.
A member, a reporter (free), a nonmember (10,000 yen)
The nano structured polymer Institute member committee
Shigeno Joji email:joji@fc4.so-net.ne.jp

20151113 第46回ナノ構造ポリマー研究会

第46回ナノ構造ポリマー研究会
セルロースナノファイバーは、炭素繊維やカーボンナノチューブと並ぶ新素材として、世界中で注目されています。今回の講演会では、セルロースナノファイバーの構造と基礎特性、および最新の応用実例について、ご講演いただきます。
多数の方にご参加頂きますよう、宜しくお願い致します。
【日時】 2015年11月13日(金)14:05-19:00
【場所】 味覚糖UHA館 3F 302号室
     Tel:03-5408-7797
     www.uha-tokyo.com―index.html
     〒105-0013  東京都港区浜松町1丁目26-1
【講演会】
 14:05-14:10 挨拶
 14:10-15:30 演題:セルロースナノファイバーの構造と基礎特性
             東京大学 齋藤継之 氏
 要旨:セルロースナノファイバーは水分散体として調製され、乾燥構造体や複合体へ と 成形加工されます。本講演では、これら分散体・集合体・複合体の構造 制御 と 基礎物性について紹介します。                                        
 略歴:2003年、東京大学卒。
2008年、博士号取得。博士課程在籍中、マリーキュリー奨 学金を受け、フラン スの植物高分子研究所に留学。
2012 年~2013年、スウェー デン王立工科大学にて研究に従事。現在、東京大学 准教授。     
 15:30-15:40 Coffee break

 15:40-17:00 演題:セルロースナノファイバーの実用化に向けた取り組み
          日本製紙株式会社 河崎 雅行 氏  
 要旨:木質バイオマスから得られるセルロースをエネルギーや新たな素材として利用 するための研究開発が近年数多く行われている。その一つとして、セルロースナ ノファイバーの製造およびその用途開発に関する研究が注目されている。本報告 ではナノファイバーの調製方法やその特性や用途開発の可能性について紹介する。
所属: 研究開発本部 CNF事業推進室 室長

 17:00-19:00 懇親会 (実費、5000円/人)

参加要領
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会会員  無料
一般の方:10000円

申込方法
以下より入力してください。
URL:      http://ransp.org/ransplavel/level2/attend.html
―――――――――――――――――-
上記URLにて入力できない方は以下にメールください。
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会
ナノ構造ポリマー研究会会員委員     重野 譲二           
メール:joji@fc4.so-net.ne.jp
詳細は右のURLを参照下さい。 http://ransp.org/index.html

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。