2015年8月アーカイブ

20151002 10th TPE technology institute open seminar

10th TPE technology institute open seminar
We took up the topic that we were following TPE technology-related in this open seminar.
1,Mr. Hideyuki Otsuka pulls the study of fault tolerance polymeric materials in the country,
2,Mr. Toru Noguchi investigated the reinforcing mechanism of the carbon nanotube reinforcement elastomer
3,the development status of the thermoplastic elastomer around TPV by Mr.Okoshi,
We ask to have we are stirred up and participate.

Date : October 2, 2015 (Friday) 13:00-19:00
Place: Conference square M+
〒100-0005 address : 2-5-2, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo Mitsubishi Building 10F
http://www.marunouchi-hc.jp/emplus/index.php
Partipation fee
Member and A newspaper reporter  free charge
Non member(¥10,000-)
Contents
12:30- openning
13:00-13:10 Greeting by Dr.Toshio Nishi
Chairperson of NPO Reserch Association of Nano Structuted Polymer
13:10-14:10
Title: "High polymer self-repair based on the dynamic covalent bond chemistry"
Tokyo Institute of Technology Dr.Otsuka Hideyuki
14:10-15:10
Title: The development of thermoplastic elastomer focusing on TPV
RIKENTECHNOS.CORP. Mr.Ohgoshi Ikuo
Abstract:We have, as Riken Technos group, developed various types of thermoplastic elastomer. This time I would like to present new lineup of thermoplastic vulcanizates(TPV) which possess strong oil resistance compound and good touch feeling sheet.
BIO:1994 graduated Science and Technology at Sophia University
1994 RIKENTECHNOS.CORP.
Thermoplastic elastomer and Thermoplastic compounds
15:10-15:40 coffee break
15:30-16:30
Title: Development and commercialization of nano-fiber reinforced rubber                             
Shinshu University Mr.Toru Noguchi
Abstract:The authors has developed a very high-performance rubber composite materials through carbon nanotube cellulation technology. Heat resistance, chemical resistance, and durability, of the composite material has remarkably improved. Therefore, this material is becoming innovate in the oil and gas fields. In this lecture, I describe a cellulation technology.
BIO: B.S., Faculty of Engineering, Tohoku University. (March 1977)
PhD degree, Kobe University. (Mrch1986)
2010-present, Profesor, Institute of Carbon Science and Technology, Shinshu University
17:00-19:00
A social gathering ¥5,000-/person

Participation
We can apply than the seminar "procedure of the participation" of the below note URL.
URL:http://ransp.org/ransplavel/level2/attend.html

When input from the above is not possible, please apply by an email than the following.
A member, a reporter (free), a nonmember (10,000 yen)
The nano structured polymer Institute member committee
Shigeno Joji email:joji@fc4.so-net.ne.jp
Transfer of the entrance fee:

20151002 第10回TPE技術研究会公開講演会

第10回TPE技術研究会公開講演会
今回の公開講演会では自己修復性高分子材料の研究を国内で牽引する大塚英幸先生始め、カーボンナノチューブ補強エラストマーの補強メカニズムを追究されている野口徹先生、TPVを中心とする熱可塑性エラストマーの開発状況など、TPE技術関連の話題を取り上げました。奮ってご参加頂けますようお願い申し上げます。
【開催日】:2015年10月2日(金)13:00-19:00
【場所】:Conference square M+
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル10F
http://www.marunouchi-hc.jp/emplus/index.php
【参加費】:会員、記者(無料)、非会員(1.0万円)
【内容】: 12:30- 受付開始
13:00-13:10 挨拶:西敏夫 特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会会長
13:10-14:10 演題「動的共有結合化学に基づく高分子の自己修復」
東京工業大学    大塚 英幸氏
14:10-15:10 演題「TPVを中心とする熱可塑性エラストマーの開発状況」 リケンテクノス株式会社    大越 郁夫氏
要旨:リケンテクノスは、各種熱可塑性エラストマーコンパウンドの開発を行っている。今回新たに上市した、耐油性に優れる動的架橋型熱可塑性エラストマー(TPV)コンパウンド、触感に優れたTPVシートを中心に、特徴的なTPVについて紹介する。
略歴:
1994年 上智大学理工学部卒業
1994年 リケンテクノス㈱入社
     熱可塑性エラストマー他、各種プラスチックコンパウンドの設計
15:10-15:40 coffeebreak
15:30-16:30 演題:ナノファイバー強化ゴムの開発と実用化
信州大学   野口 徹氏
要旨:著者らはカーボンナノチューブによりマトリックス中で立体連続構造を形成したセルレーションゴムを開発し,耐熱性,耐薬品性,および耐久性の飛躍的な向上よって油ガス田でイノベーションを起こしつつある.このセルレーションゴムを技術的に解説し,最悪環境下で活躍するゴムの実情を解説する.
略歴:1977年東北大学工学部卒業、
1986年神戸大学大学院修了
~現在:日信工業㈱
2010年~ 信州大学特任教授兼務
17:00-19:00
懇親会 (¥5,000-/人)


参加要領  下記URLの講演会「参加手続き」より申し込み出来ます。

上記よりの入力ができない場合は以下により、メールにてお申し込み下さい。
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会
ナノ構造ポリマー研究会会員委員     重野 譲二
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会  メール:joji@fc4.so-net.ne.jp
参加費の振り込み先:
指定郵便局口座:00160-5-122437 口座名義:NPOナノ構造ポリマー研究協会
参加費は、事前に納めて頂けますようご協力をお願い致します。

このアーカイブについて

このページには、2015年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。