2012年9月アーカイブ

2012/12/06 40th Nano Structured Polymer

40th Nano polymer Institute
Date:december 06 ,2012
Place:Mikakuto UHA  6th Fl.
13:30-13:35   greeting
13:35-15:05   
Title: Bio-inspired reversible bonding technology
         Dr.Naoe Hosoda     National Institute for Materials Science (NIMS)
Abstract: Flies, spiders, leaf beetles and lizards have the ability to attach and detacheasily to their feet and even flat window glass. On the other hand, deciduous trees possess a superb circulation system, in which they spontaneously shed their leaves and recycle them as nutrition. Our research group's aim is to develop technologies which enable easy attachment/detachment by researching these kinds of natural mechanisms. In the seminar, recent development of bio-inspired bonding technologies will be presented.
BIO: Dr. Naoe Hosoda earned her PhD. in the field of materials Science from Stuttgart University (Germany). She worked at Max Planck Institute for Metal Research, as a researcher and then worked at University Tokyo as associate professor. Since 2003, she has been working at National Institute for Materials science. Her research interests are focused on biological attachment system, and development of new technique for reversible interconnection.
15:05-15:15 Coffee break
15:15-16:45
Title: Formation of Moth-Eye Anti Reflection Films by Roll to Roll process. 

                Dr. Yoshihiko Uozu   Research Fellow, Mitsubishi Rayon Co., Ltd 

Abstract:"Moth-eye film" is a biomimetic film which has regularly organized hundred-nanometer scale bumps on the surface. It's antireflective performance is superior to usual antireflective (AR) films. We have developed the technology of roll to roll imprinting process. It shows the possibility of producing wide and seamless moth-eye non-reflective films.

BIO: 1984 Graduated from Department of Organic Synthesis Science, 

Faculty of Engineering, Kyoto University, 


1986 Master of Engineering, Synthesis Science,
Graduate School of Engineering, Kyoto University


1986-2005 Mitsubishi Rayon Co., Ltd.
Central Research Laboratory

2000    The award of the society of polymer science, Japan

            "Development of new graded-index plastic rod-lenses and their linear arrays"

2001-present  Research Fellow of photonic polymer

             Mitsubishi Rayon Co., Ltd.

2004 Doctor of Engineering of Polymer Science, 

Faculty of Technology, Tokyo University of Agriculture and Technology

2005-2009 Mitsubishi Rayon Co., Ltd

             Tokyo Technology & Information Center

2006 Guest Lecture: Department of Industrial Chemistry, Tokyo University of Agriculture and Technology

              Guest Lecture: Department of Industrial Chemistry, Gifu University

2009-present  Mitsubishi Rayon Co., Ltd

             Yokohama Corporate Research Laboratories

17:00-19:00
Banket(¥5000


Participation fee:

A member of RANSP (Free of charge)

Other 5,000 yen

Banket fee participant 5,000 yen

Contact:k-murayama@post.lintec.co.jp



2012/12/06 第40回ナノ構造ポリマー研究会

日時:2012年12月06日(木)13:30-19:00
場所: 味覚糖UHA館 3F  302号室 Tel:03-5408-7797       
アクセス 〒105-0013  東京都港区浜松町1丁目26-1
13:30-13:35   挨拶
13:35-15:05    講演会
演題:生物に学ぶ可逆的な接合技術
講師:細田奈麻絵氏  物質・材料研究機構
要旨:我々の身の回りで生活している虫や爬虫類などの小さな生き物は、新材料
開発のアイデアとなるような優れたしくみを持っている。我々が注目しているの
は小さな生き物が進化させた様々な表面に対する接着のしくみである。本講演で
は、虫や爬虫類の接着性アタッチメントの特徴、接着特性、生物模倣技術の現状
などについて解説する。
略歴:マックス-プランク金属研究所研究員、東京大学先端科学技術研究セン
ター・助手、同大学工学系研究科精密機械工学専攻・助教授を経て、2003年から
現職。理学博士。専門分野はバイオミメティクス、材料科学。
15:05-15:15 Coffee break
15:15-16:45 講演会
演題:ロールツーロールによるモスアイ反射防止フィルムの作製
講師:魚津吉弘氏   三菱レイヨン株式会社
要旨:モスアイ型反射防止フィルムは蛾の目を模倣したバイオミメティクス材料
であり、表面に微小突起構造を形成したフィルムである。その特徴は可視光全波
長域での反射を防止すること並びに角度依存性が少ないことがあげられる。アル
ミニウムを陽極酸化する際に自己組織的に形成されるアルミナナノホールアレイ
が曲面上に形成できるという特徴を活かし、大型ロール金型を作製し、ロール
ツーロールによるモスアイフィルムの連続賦形検討を進めている。講演では、モ
スアイを取組むことになった背景などに関しても解説する。
略歴:1980年京都大学大学院工学研合成化学科に入学、有機光反応の研究を行
い、1986年京都大学合成化学専攻博士前期課程修了。
1986年三菱レイヨン株式会社入社、中央研究所に配属になり、以来、プラスチッ
ク光ファイバー、プラスチック屈折率分布型レンズ(ロッドレンズ)の研究開発
に従事。
1989年プラスチックロッドレンズアレイの連続生産技術開発
1990年プラスチックロッドレンズアレイの工業化
2004年東京農工大学大学院工学研究科応用化学専攻博士後期課程修了
2006年東京農工大学、岐阜大学で非常勤講師
2009年横浜先端技術研究所に転勤
専門:フォトニクスポリマー、バイオミメティクス、高分子賦形
受賞歴:'00年「プラスチックロッドレンズアレイの開発と工業化」で高分子学
会賞を受賞
    '12年 第4回ものづくり日本大賞経済産業大臣賞
著書:光学材料の屈折率制御技術の最前線 シーエムシー出版(2009) 渡辺敏
行、魚津吉弘
その他共著多数あり
17:00-19:00
 懇親会(5000円)

参加要領  メールにてお申し込み下さい。  会員 無料 一般 ¥5000−

特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会

ナノ構造ポリマー研究会会員委員     村山 健一

リンテック株式会社   メール:k-murayama@post.lintec.co.jp

Tel:048-430-1712   

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。