2012年4月アーカイブ

ナノ構造ポリマー研究会・TPE技術研究会 合同交流会

ナノ構造ポリマー研究会では、毎年、12日の合宿を実施しています。本年度は、本交流会の更なる活性化を目的にTPE技術研究会との合同での交流会を下記にて開催します。スローガンとして'まずは、お互いを知る'を掲げ、両研究会から活動紹介、話題提供による講演会、およびフリーディスカッションを行います。また、翌日は、東京ガス()基盤技術部パイプライン技術センターの見学会(インフラ(パイプライン)の歴史、PEパイプの評価、地震施設、スマートグリッド等)を開催します。多数の方のご参加により、両研究会の活発化を期待しています。

 

参加費:会員(1.2万円)、非会員(2.2万円)*参加費:宿泊費含む(12食付:懇親会込み)

    定員:30名、申込締切:7/13()

 

日時:平成24722()23()

場所:日本ゼオン()一碧荘  東京ガス() 基盤技術部 パイプライン技術センター

 

内容:

7月22日(日)交流会:日本ゼオン  一碧荘

13:00  JR伊東駅 改札出口集合(参加者受付)*昼食は事前に済ませて下さい。

14:00 開会の挨拶 ナノ構造ポリマー研究協会 会長

14:05-14:15 活動紹介① ナノ構造ポリマー研究会 加納義久 氏

  活動紹介② TPE技術研究会 西 敏夫 氏

14:15-17:00 話題提供による講演会(講演時間:質疑含め約20/)。発表者と題目は随時更新

 時間超過の場合、フリーディスカッションの部で、話題提供していただきます。

 話題提供者状況:

・古河電工㈱ 加納 義久

 半導体製造用粘着テープの技術変遷

・東京農工大学 斉藤 拓

 ブレンドによるゴムの力学物性制御

・リンテック㈱ 大高 翔

 (仮) カーボンナノチューブを導入した粘着剤の導電性

・日本ゼオン㈱ 石井雄太

 SISブロックポリマーのエマルション化とその成膜構

  造

・住友ゴム㈱  田村俊裕

 熱可塑性ウレタンエラストマーの成形について

・向井プラスチックコンサルタント事務所  向井 淳彦

 平均粒径5nmのナノダイヤモンドの可能性

・東京工業大学 西 敏夫

 最近の中国の高分子研究

 17:00-18:00 入浴、

18:00-19:00  夕食(懇親会) 自己紹介

19:00-23:00 フリーディスカッション 

 

723日(月)

08:00-09:00 朝食

10:00 チェックアウト、集合写真、一旦解散    時刻表

14:00-16:50 東京ガス㈱ 基盤技術部 パイプライン技術センター  見学会

参加要領  メールにてお申し込み下さい。(名前、会社、メール、請求書等)

会員: 1.2万円  ナノ構造ポリマー研究協会、法人会員、正会員

非会員:2.2万円  一般の方

 

特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会

ナノ構造ポリマー研究会会員委員     村山 健一

リンテック株式会社   メール:k-murayama@post.lintec.co.jp

入金先
指定郵便局口座:00160-5-122437 口座名義:NPOナノ構造ポリマー研究協会 叉は
りそな銀行 柏支店 普通口座 1108685   口座名義:特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会

*詳細な内容は、随時、更新します。

見学会の詳細につきまして、下記にてご連絡します(所用時間が変更されています)。(6/22)

上記のプログラム中に、話題提供者と題目更新しました。(6/25現在)

話題提供者と題目を更新しました。西先生より、中国の高分子研究の動向に関する話題提供。(7/02)

 

東京ガス(株)殿 横浜テクノステーション見学案内

 

見学日時:2012年 7月23日(月)14:00~16:50

場  所:東京ガス(株)殿 横浜テクノステーション(横浜市鶴見区末広町1-7-7)

 

タイムスケジュール

14:00        集合 ※ パイプライン技術センター 4階 講堂

 

14:00~14:30  都市ガス供給事業の概要および東日本大震災に

                          おけるガス導管の被害状況と設備対策について

                         (質疑応答含む)

 

14:30~14:50  横浜テクノステーションの紹介(紹介ビデオ含む)

 

14:50~16:40  見学(横浜研究所、パイプライン技術センター)

14:50~15:05  (パイプライン技術センター)ガス導管の変遷

15:05~15:25  (パイプライン技術センター)PE管の耐震性デモ

15:25~15:45  (パイプライン技術センター)3次元振動台の紹介

15:45~16:05  (横浜研究所)バイオマス発電の研究紹介

※ 2班に分かれて見学。(班により、見学の順番が逆)

16:05~16:20  (横浜研究所)水素製造システム研究の紹介

  16:20~16:35  (横浜研究所)ガス吸着材の紹介

  16:35~16:40  移動

16:40~16:50  質疑応答

16:50        終了

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。