20161209第8回マイクロ・ナノ加工研究会

| コメント(0)
20161209第8回マイクロ・ナノ加工研究会
 
主催:特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会 
日時:2016年12月9日(金)
13:00-19:00
住所:TKPガーデンシティPREMIUM横浜ランドマークタワー

 〒220-8125 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号

       横浜ランドマークタワー
25F
 TEL:
045-224-2200
 Access:http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-yokohama-landmark/
 
・13:00-14:00幹事会
 
・14:10-15:30講演会1

 株式会社潤工社 伊藤博文 氏

<演題>

マイクロ・ナノに関連する当社製品・技術について

Junkosha products and technology related to micro and nano technology
<要旨>
潤工社は1954年、当時の日本においてはハイテク素材として注目を集めていたポリマー製品の製造販売会社として設立されました。以来、一貫して技術集約型の研究開発を推し進め、1961年には世界に先駆けて熱溶融ふっ素ポリマーFEP製品の開発に成功、「ジュンフロン®FEP電線」「ジュンフロン®FEPチューブ」を市場に送り出しました。
今回、マイクロ・ナノに関連する当社電線・チューブ製品・技術として、超音波診断装置向けプローブケーブル、液中溶存ガスの脱気モジュールのご説明を差し上げます。
Junkosha was established in 1954 as a manufacturer of the polymer product that has been attracting attention as a high-tech materials in Japan at the time. Since then, Junkosha has consistently carried out the research and development of technology-intensive. Junkosha succeeded in the development of the first hot-melt fluoropolymer FEP product in the world in 1961, and began sales of "Junflon®FEP wire", "Junflon ®FEP tube". In this lecture, I will explain Probe cables for Diagnostic ultrasound Systems, Degassing module of dissolved gas in the liquid, as our wire and tube products and technologies related to the micro and nano technology,
<略歴>
1998年3月 山梨大学工学部化学生物工学科 卒業
4月 株式会社潤工社 入社
2015年4月 現職(環境エネルギー分野アプリケーションマーケティング
兼 クリーンテクノロジーコンポーネンツプロダクツマーケティング)
 
1998,Graduated from Yamanashi University 
1998-Junkosha Inc,Ibaraki,Japan
2015-Application marketing of environment and energy field,Junkosha Inc
 
 
・15:40-16:50講演会2

 千葉大学 小林範久 教授

<演題>

可逆的な銀ナノ構造形成を利用した省エネカラー電子書籍および調光素子展開

Electrochemical System with Reversible Ag Nanostructure  Formation toward Full Color e-Paper and Light Modulating Device
<要旨>
電極上への銀イオンの電解還元,いわゆる銀の電気メッキ,において,形成する銀粒子のナノ構造を制御することで,銀粒子のみで多彩な光学状態を発現できる。本発表ではその意義とフルカラー電子書籍,スマートウインドウ,調光ミラーなど省エネルギー型の応用展開について簡単に紹介する。
Electrodeposition (electroplating) of silver ion on the electrode results in various optical states such as colors by controlling nano-structure of the generated silver deposits.  In this talk, the motivation and energy-saving applications such as full color e-Paper, smart window and switchable mirror system will be briefly introduced.
<略歴>
1983年 早稲田大学理工学部応用化学科 卒業 
1985年 早稲田大学理工学部 博士前期課程 修了 
1987年 早稲田大学理工学部 博士後期課程 修了 
1988年 早稲田大学 工学博士 
1987年 千葉大学工学部画像工学科 助手 
1992年 カリフォルニア工科大学 客員研究員 
1995年 千葉大学工学部 助教授   
2002年 千葉大学大学院自然科学研究科 教授 
2007年 現在の千葉大学大学院融合科学研究科 教授
 
Educations
1983. 3.  Department of Applied Chemistry, Waseda University, Japan (B. E)
1985. 3.  Graduate School of Sci. and Eng., Waseda University, Japan (M. E)
1987. 3.  Graduate School of Sci. and Eng., Waseda University, Japan
1988.10.  Dr. Eng., Waseda University, Japan (Dr. E)
 
Personal Experiences
1987. 4-1995. 3.  Assistant Professor, Department of Image Science, Chiba University.
1992. 4-1993. 3.  Visiting Associate, California Institute of Technology, USA
1995. 4-2004. 3.  Associate Professor, Department of Image Science, Chiba University.
2004. 4-2007. 3.  Professor, Grad. School Sci. & Eng., Chiba University. 
2007. 4-present   Professor, Grad. School Advanced Integration Sci., Chiba University.
 
 
・17:00-19:00 懇親会

コメントする

このブログ記事について

このページは、nmtが2016年11月 9日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「20160610第7回マイクロ・ナノ加工研究会」です。

次のブログ記事は「20161209 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。