2013年9月アーカイブ

       第1回マイクロ・ナノ加工研究会公開講演会
日時:2013年12月4日(水) 13:00-17:00
場所: キャンパス・イノベーションセンター609
   国際会議室(1階)
〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6     TEL/FAX :03-5440-9071
http://www.yamagata-u.ac.jp/satellite/tokyo/
13:00-13:10
西会長(特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会)挨拶
13:10-14:10
議題:マイクロ・ナノ成形加工技術の現状と動向
         伊藤浩志 マイクロ・ナノ加工研究会会長
要旨:現在、電子部品や医療機器を支える超精密部品は必要不可欠である。これら超精密部品は、
マイクロ・ナノ成形加工によって作製される。
本講演では、マイクロ・ナノスケールの精密成形加工技術について、その現状と研究動向を紹介する。
略歴:
1990年 山形大学 大学院修士課程 修了
1996年 山形大学 大学院博士(工学)取得
1990-1993年 沖電気工業 
1993-1996年 鶴岡工業高等専門学校
1996-2007年 東京工業大学 助手
2007-2010年 山形大学 准教授
2010年-現在 山形大学 教授
専門 成形加工、高分子構造・物性、マイクロ・ナノデバイス
14:30-15:30
議題:ナノインプリント成形機と加工技術の動向
             東芝機械株式会社 小久保光典氏
要旨:
低コスト微細構造形成技術である,ナノインプリント成形技術の概要について紹介するとともに,
超精密加工機による金型加工にも触れる。ナノインプリント装置に関しては,
直動プレス方式の装置に加え,大面積化・高スループット化へのアプローチとして注目されている
Roll to Roll方式の装置開発状況について説明し,LED高輝度化への適用について解説する。
自己紹介
1987年,東芝機械(株)入社
1987:Joined Toshiba Machine Co., Ltd.
東芝機械では研究所,精密機器事業部を経て,
2005年から微細転写事業部にてナノインプリント装置の開発に従事。
2009年に精密機器事業部と微細転写事業部が統合され,現在所属の『ナノ加工システム事業部』となる。
1994年~1999年,(財)神奈川科学技術アカデミー 樋口「極限メカトロニクス」プロジェクト 派遣研究員
2004年,博士(工学)学位取得(東京大学)
携わった研究・開発内容
・(光通信関連)自動調芯装置
・病理検査装置

15:40-16:40
議題:シクロオレフィンポリマーの材料開発と加工技術研究の動向                           日本ゼオン株式会社 池田 進太郎氏
要旨:
本講演では、シクロオレフィンポリマーの材料設計と特性、精密成形加工技術について、その現状と研究動向を紹介する
略歴:
池田 進太郎
1998年 大阪市立大学 大学院修士課程 修了
2001年 大阪市立大学 大学院博士(工学)取得
2001年-現在 日本ゼオン株式会社
17:00-19:00
懇親会(実費、5000円/人)

参加要領
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会会員 取材記者 無料
一般の方:10000円
申込方法
メールにてお申し込み下さい。
特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会    田代昌秀
メール:nano11@ransp.org
詳細は右のURLを参照下さい。 http://ransp.org/index.html
参加費の振り込み先:
指定郵便局口座:00160-5-122437 口座名義:NPOナノ構造ポリマー研究協会 叉は  りそな銀行 柏支店 普通口座 1108685   口座名義:特定非営利活動法人 ナノ構造ポリマー研究協会
参加費は、事前に納めて頂けますようご協力をお願い致します。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。