第11回日中先進高分子材料研究討論会

-広がる高分子ナノテクノロジー(アロイから精密構造制御へ)-

<趣旨>1995年に第1回中日科学技術交流セミナーを開催して以来,高分子ABC研究会活動の中で中国の研究者との交流を活発に行ってまいりました.2002年4月に高分子ナノテクノロジー研究会に名称変更いたしましたが,それまでの交流をさらに進展させるべく,高分子ナノテクノロジーに分野を広げてその後も開催を継続し,2013年には第10回を開催するに至りましたが,今回も「広がる高分子ナノテクノロジー(アロイから精密構造制御へ)」という主テーマにて,第11回の研究討論会を開催することとなり,中国側の大学および企業関係者との技術交流や親睦を,更に深める良い機会となることを期待しています.つきましては以下のように研究発表および参加の募集を行いますので,多数のご参加をお待ちしております.

主催日中先進高分子材料研究討論会組織委員会,中国工程塑料工業協会

共催高分子学会高分子ナノテクノロジー研究会

日程2015年8月3日(月)~5日(水)(3~4日討論会、5日工場見学)

場所中国黒竜江省ハルピン近郊予定

使用言語日本語および中国語(講演時逐次通訳)

招待講演日本側約10名中国側約10名

日本側招待講演者(予定)

西敏夫(東工大)、井上隆(山形大)、小林定之(東レ)

岡本佳男(名古屋大・ハルピン工程大)、竹市力(豊橋技科大)他

参加および発表申込方法

発表内容:高分子ナノテクノロジーの基礎,応用研究に関するもの

発表形式:ポスター発表(英文)

参加申込:①から⑤までを明記の上,メールかFAXにてお申し込み下さい.

①研究発表題目(英文),②研究者名(英文,発表者名に○),

③所属(日本語),④連絡先住所(日本語),⑤ e-mailアドレス 

発表無しでの参加も歓迎します。上記①と②を削除し,お申し込みください。 

参加申込締切:6月26日(金)

発表要旨締切:7月1日(水)

要旨の書き方等の詳細は後日、メールでお知らせすると共にHP上に掲載します.

参加登録料①一般50,000円②学生20,000円

申込先〒455-8502  名古屋市港区大江町9-1

東レ株式会社化成品研究所樹脂研究室小林定之

Tel: 052-613-5266、E-mail: Sadayuki_Kobayashi@nts.toray.co.jp

20140807 ラバーバレー視察団

別紙ファイルのような中国のラバーバレー視察団の案内が来ました。
当方は、清華大集中講義のために参加不能ですが、TPE技術研究会や
ナノ構造ポリマー研究会のメンバーが参加すると良いと思います。
中国の壮大な計画が進行中です。個別の企業では視察が難しいと思いますのでメンバー企業に情報を流して頂くと助かりますのでよろしくお願いいたします。
西 敏夫

2013/10/22 CRIA について

 CRIA holds National Rubber Information Meeting every year in Oct. We'll hold this meeting and Asia Rubber Technology Forum in Changsha, Hunan Province on Oct. 22-25 this year.

Program

Oct. 23  National Rubber Information Meeting

1. Chinese economic status and main policy influence analysis

Speaker: Shousheng Li, Standing Vice President of China Petroleum and Chemical Industry Association (CPCIA) 

2. Economic Operation analysis and outlook of Chinese rubber industry

Speaker: Yali Deng, President of CRIA

3. Import and export situation of Chinese Tire industry and European and American 

market analysis

Speaker: Mary Xu, Secretary-general of CRIA

4. Recycling Economic in Rubber Manufacturers

   Speaker: Zheng Shi, Vice President of South China Rubber Tire Co., Ltd

5. Innovation and practice of NR trading mode

   Speaker: Yan Zhang, President of Rubber Valley Co., Ltd.

6. Status of the Indian rubber industry

Speaker: Honorary member of AIRIA  Janakar K.J

7. Application of green rubber elastomer in tire 

Speaker: Enrico Lucchese, Marketing Manager of Versalis S.P.A.

8. High performance rubber bearings and engineering applications

Speaker: Yang Jun, CEO of Zhuzhou Times New Material Technology Co., Ltd.

9. Malaysia's Rubber City -- The "Black Gold" Mine of the Rubber Industry

Speaker: Dato' Dr. Ku Rahman bin Ku Ismail, State Executive Council Member of 

Malaysian Kedah

10. Development situation and outlook of Korea tire industry

Speaker: Song Yong-eon, Senior Manager of Technology & Rublic Relations Dept. of 

KOTMA

11. Development of highly dispersed silica and application in green tire

   Speaker: Tianqing Lu, Senior Technical Support of Quechen Silicon Chemical Co., 

Ltd.,

12. Application of Capmax new type nylon 66 Cord in passenger tire 

Speaker: Evren Guner, Market Development Leader of Kordsa Global Co.  

Oct. 24  First Asia Rubber Tech Forum

1. Research development of Chinese guayule rubber

 Speaker: Liqun Zhang, Professor of Beijing University of Chemical Technology

2. Approaches towards sustainable tire materials

Speaker: Dr. Ken Yamaguchi, Fellow of Tire Materials Development Division of Bridgestone

Corporation

3. Recent Development of Chloroprene Rubber

Speaker: Nobuhiko Fujii, General Manager, Technology, Elastomers & Acetylene Black 

Dept., Elastomers & Performance plastics Div., Denki Kagaku Kogyo K.K. 

(DENKA)

4. Innovative elastomeric materials for the energy-efficient silica tire

Speaker: Dr. Young H. Ko, SR Research Executive, Kumho Petrochemical R & BD Center, 

South Korea

5. Dynamic fatigue on rubber and steel cord adhesion properties and interface structure

Speaker: Dr. Xinyan Shi, Vice Director of Key Laboratory of Rubber Materials and 

Engineering Education Dep. of Qingdao University of Science and Technology

6. Polymer Nanotechnology for Super-fuel Efficient Tire materials

Speaker: Toshio Nishi,  Special Professor of Tokyo Institute of Technology, President of NPO Research Association on Nano Structured Polymer, and Program Director of Innovation Headquarters, Japan Science and Technology Agency(JST)

7. Production technology of Rare-earth IR and application in all-steel radial truck tire

Speaker: Xuequan Zhang, Director of High-performance SR Engineering Technical Center of 

Changchun Institute of Applied Chemistry (CIAC)

8. Distribution regulation and wear resistance research of BR/SBR compound and white carbon 

black

Speaker: Pro. Chifei Wu, East China University of Science and Technology (ECUST)

9. Applications of Rubbers for Actuators and Generators

Speaker: Pro. Changwoon Nah, Leader of Polymer-Nano Science and Technology Dep. of 

Chonbuk National University

10. Ethylene - vinyl acetate rubber modification

Speaker: Pro. Yong Zhang, Deputy Director of Polymer Materials Institute and Associate 

Dean of Chemical Engineering College of Shanghai Jiaotong University

11. Nano-palpation AFM studies on various rubbery materials

Speaker: Dr. Ken Nakajima, Independent Investigator and Associate Professor of WPI-AIMR, 

Tohoku University

今回、未踏科学技術協会のサマー道場の道場主をすることになりました。

期日は、2013年8月27日(火)~29日(木)

場所は、葉山の湘南国際村センターです。

テーマは、「ポリマー精密合成の基礎と応用」で校長先生は、遠藤近畿大教授(元高分子学会会長)、

副校長は、伊藤東大教授です。

詳細は、ネットに「未踏科学サマー道場」と入れれば出てきます。最新の精密合成と応用に関してこの分野の

第一人者の講演と合宿形式の交流ができますので会員の皆様の参加を期待しています。若手、ベテラン、シニアー

どなたでも気軽にご参加ください。経費は、持ち出しを覚悟でやりますので参加者にはお得です。

西 敏夫

北京にて

 

当方、今回、(独)科学技術振興機構(JST)の開発主監を兼任することになりました。最近の大きな動きの中に上記の

COIプログラムの募集があります。6月11日から8月12日までです。詳細は、 http://www.jst.go.jp/coi を参照願います。

要点は、全国に12の拠点を設け、各拠点年間約10億円、9年間で総額約1080億円です。目的は、10年後の日本のあるべき姿を実現するために企業・大学が連携して以下の3分野で研究開発を進めるものです。

1.少子高齢化先進国としての持続性確保

2.豊かな生活環境の構築(繁栄し、尊敬される国へ)

3.活気ある持続可能な社会の構築

これだけでは、分かりませんが、ネットにはソリューションの例がいくつか載っています。企業が主役になることを期待されています。全体構想は、COIガバリング委員会(小宮山三菱総研理事長(前東大総長)、川村日立会長、渡辺トヨタ相談役、三木谷楽天会長兼社長、伊藤MITメディアラボ所長ーーー)が決めたそうです。

個別のテーマにブレークダウンして行くとTPEやナノ構造ポリマーが入れそうです。ナノ構造ポリマー研究協会、TPE技術研究会の関連企業、大学の方がどこかに加われると良いと思いますので上記URLなどを見てください。

これを機会に、日本の産学連携の在り方も革新されると良いのですが。

20130528 最近の北京情勢

この頃目につくものと気になることを列挙します。北京や中国出張の参考にしてください。

1)鳥インフルエンザ

最近は、収束状態に近く、殆どニュースになりません。北京市内でもマスクをしている人は、3%以下です。

2)大気汚染

3月末で地域暖房が終わり石炭をあまり使わなくなったのでたまに空気が霞むことはあっても大したことはないようです。マスクも殆ど必要ありません。冬で風のない日は、別ですが。これから11月ごろまでは、大丈夫でしょう。

3)尖閣問題

今でも時々ニュースになりますが、以前のようなデモなどはありません。日本が刺激しなければ大したことにはならないでしょう。庶民レベルでの対日感情は特に悪いとは感じません。北京市内で不通に値切って買い物しても大丈夫です。地下鉄に乗れば若者が席を譲ってくれます。

4)為替

最近の円安には、参っています。交換レートが良い市内の北京銀行でのデータを取ると、10万円が、

2012年5月12日:7683元

2012年6月20日:7840元

2012年9月11日:7887元

2012年11月28日:7388元

2013年4月16日:6168元

2013年5月27日:5903元

去年の9月から今年の5月で、円の価値は、25%の暴落です。円安・株高で浮かれていて良いのでしょうか?

 

 

 

 

 

20130519 ARTF追加情報

西敏夫 西敏夫 <nishi.t.ad@m.titech.ac.jp>

宛先: 田代 昌秀 <mtashiro@estate.ocn.ne.jp>

Cc: 西敏夫 <tnishi@polymer.titech.ac.jp>

Re: CRIA Asia Rubber Tech Forum(至急)    20130519

田代様:
追加情報が先ほど来ました。予定は、
10月22日:チェックイン
23日:National Information Meeting: 通常ここで世界と中国のゴム産業の現状と展望が各分野について発表されます。
24日:アジアラバーテクノロジーフォーラム。ここで日・韓・インド・中の交流会。テーマ別かもしれません。
25日:工場見学。通常は多くのコースが用意されています。

3月の青島でのCRC&CRE2013と似ています。これに関しては、プラスチックス・エージ7月号に詳細が載りますので参考願います。

補完情報については、ラバーインダストリー6月号にも載ります。

西 敏夫
清華大にて

20130516 CRIA Asia Rubber Tech Forum

Subject:CRIA Asia Rubber Tech ForumDate:Thu, 16 May 2013 16:24:22 +0800From:<songzhiling@sina.com>Reply-To:songzhiling@sina.comTo:西敏夫 <nishi.t.ad@m.titech.ac.jp>

Dear Mr. Nishi,
How's recently? I'm sorry not to have enough time to communicate with you on the Rubber Conference in Qingdao. Your good presentation boosts our conference. Thanks a lot.
As you know, CRIA holds National Rubber Information Meeting every year in Oct. We'll hold this meeting and Asia Rubber Technology Forum in Changsha, Hunan Province on Oct. 22-25 this year. By convention, the name should be "China-Japan Rubber Technology Seminar". But considering the tense relationship between China and Japan, CRIA rename the forum and plan to expand the contents, including Korea, Japan, China and India.
Once again, we sincerely invite you to make a presentation on the forum again. And, I'll be very appreciated if you can give me a hand to organize some other good reports from Japanese and Korean experts.
By the way, we consider to offer English simultaneous interpretation for the forum.
Wait for your kind reply. Thank you.
Best wishes,
Sunny
 
--------------------------------

Sunny Song

Head of Information & Expo Department
China Rubber Industry Association

+86-10-84924096
+86-13810699332
Add: B501, No.9 Fulin Road, Kinglong International,

Beijing, China    100107

20130513 CRIAの会議について

10月22日〜25日の長沙でのCRIAの会議です。

中国側が、「アジアラバーフォーラム」と言って、中・日・韓・インドを中心にしたことでゴム技術フォーラムの乗り気が薄くなっているようです。

ゴム技術フォーラムのアジアラバーフォーラムへの参加不参加は来週後半に決めるようです。そこでもし、不参加の場合、TPE技術研究会が積極的に参加したら良いと思います。TPEに関しては、3月のCRCで分かったように、中国の汎用TPEの生産量は多いけれども特殊、高性能TPEは、殆ど輸入(主にアメリカ、ドイツから)なので日本企業が出る幕が沢山ありそうです。また、インド、韓国が参加するのは我々にとっては好都合です。
その上、長沙は、中国の機械工業、鉄道産業の中心地ですので見学会も貴重と思います。

TPE技術研究会の企業会員の方の積極的な参加をお願いします。